最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 夕陽燦々 | トップページ | 観梅 »

夕げの訪れ

ポツリ、ポツリ、窓の明かりが点き始める
今夜のお父様、お帰りは何時かな。
1

« 夕陽燦々 | トップページ | 観梅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぼんぼん さん、こんばんは
お仕事、一段落でしょうか
又、そろそろ、遠征の虫が動き出しそうですね。
房総は、少し積雪がありましたか
すぐに融けて消えてしまったようですね。

夕暮れとともに、部屋の灯りがつく
その灯りにタイムラグがある
そんな事に、いろいろ想像を巡らす
ご家庭の会話も聞こえる気がします。

灯りの数だけ人がいて家庭がある
そんな思いでビルや夜景を眺めている事があります
「あの灯りはどんな家だろうな~」
「家族でご飯かな? いや、一人暮らし?」 な~んて

時折布団が干しっぱなしの家もあったり、、、

うちの近所にこんな立派なビルはありませんが(笑)

の子さん、こんばんは
不夜城、夜になると姿を変えますね
いつか、アメリカの方が
鳩小屋とかウサギ小屋なんていってたこと思い出します。

こんばんは。
巨大なマンションですね。
見事な眺めです。

hiro-photo さん、こんばんは
はい、住宅マンションです
灯りは、全室一斉には灯りません
暗くなるにつれてぽつぽつ灯り始めます
そこに、生活の様子が、どことなく見える気がしますね。

こんばんは。
この建物は住宅マンションでしょうか、都心の職場のビルの灯りとは見た目が少し違うように見えますが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕げの訪れ:

« 夕陽燦々 | トップページ | 観梅 »