最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 里山のアート | トップページ | くずの花 »

廃棄

捨てられた、、、、、
悲しみの中に彩りを見つける
こんな所にも秋が。1

« 里山のアート | トップページ | くずの花 »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

M.Hermitage さん、こんばんは
農家さんの歩留まり、
難しいことですね、何しろ果物や野菜は生き物
自然災害や、病虫害、
製品?と認められるには、かなりのハードルの高さがありますね。
そして出荷価格を決められるのはJAの直売店くらい
青果市場の値段も成り行き、楽じゃないでしょうね。

お家の台所の外には、熊や狸がやってくるのですね
>そしていつの間にか無くなってる w
素晴らしい共存共栄、窓の外に捨てないと
熊や狸は利口ですから、お家の中を上手に探し始めることでしょう。

こんばんは★

家の台所、窓を開けると裏山に続きます。
なので窓から野菜やくだものをしょっちゅう捨ててます。
すると夜になると狸やら何やらが・・・。
朝はかなりの鳥類が‥。
そしていつの間にか無くなってる w

基本的に食べ物を作りすぎです。
特に生ものは売り切れご免でちょうどいいです。
捨てるものまで料金に入ってるなんて、馬鹿げた話しです。

hiro-photo さん、こんばんは
B級食材、なんとか売り場に出て来て欲しいですね
味は全く変わらず、少し不細工になってしまっただけ
おっちゃん、時々、スーパーの魚屋さんで、魚のあらを買ってきますよ
とにかく美味しい、そして格安、
皆さん、なかなか買わないのも考えものですね。

の子 さん、こんばんは
こんな被写体もありでしょうか
来年、この辺りの作物は、格段に成長をみせるかもしれませんね。

ぼんぼんさん、こんばんは
ここは、とある農家さんの畑の一角
梨は虫に刺され腐敗、紫の玉ねぎは小粒で売り物にならず
黄色いのは、キュウリの種を取った後の残り物
キュウリは、本当は黄ウリなんですね。
でも、それぞれに彩りを残してるのを見ると
つい写欲が湧き、撮ってしまいました
土に埋められる前、最後のパワーを見せてくれました。

パン工場でのバイトの件
もう時効でしょう、
おっちゃん、食べてたかもしれません 笑

こんばんは。
大切な食べ物がこうして捨てられているのを見ると、富める国の奢りを感じますね。
貧しい国や、飢えている子供が沢山いるのが、一般の人には見えない世界の現状なのでしょう・・・。

こんな秋もあるんですね。
畑の肥料、来年はもっともっと肥えた土になって・・。

面白い視点です!

生ゴミ、、にしては数が纏まってますね
農家さんの生産調整、、にしては種類が多くて量が少ない
ハテ? なんでしょうね(*_*)

事情はいろいろとあるのかも知れませんが
何にしても食べられる、命の糧にできるものが捨てられているのは切ないですね

食料を廃棄しない とっても大切な事と思います
、、、が、ぼんぼん、高校生の頃に働いていたパン工場で
賞味期限切れで回収されたパンにクリームを塗って、期限を変えて再出荷!!
という作業をしていたのとは意味が違います(苦笑)
今思えばスゲー事してました(*_*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 廃棄:

« 里山のアート | トップページ | くずの花 »