最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 復興中 | トップページ | 漁船が戻る »

伝説

唐桑半島には、こんな伝説もあった。
1




« 復興中 | トップページ | 漁船が戻る »

コメント

pochiko さん、お早うございます
かなり秋の気配が濃厚になってきましたね
諸用で田舎に行って来ました。
唐桑半島の先端に、御崎という岬があります
そこをゆっくり巡ってるとこんな看板を発見
昔の暮らしを想像すると、あり得る話
先日あった大分での2歳児行方不明
幼子で有るだけに心配しました。

泣く泣く子供を島に置いてきた母親の気持ちを思うと
胸が張り裂けそうだったと思います。
潮が引いて一刻も早く子供の元へと
何も気づかずに遊んでいた子供を見て
さぞかしホッとしたことでしょうね。

の子さん、こんばんは
孤児が生まれなくってよかったですね
海との暮らしを生業としてる地方
こんな伝説も生まれるのですね。

ぼんぼん さん、こんばんは
>よ、、よかったーーーー
児捨て島でなくって、、、

>そう言えば生海苔を腸で分解吸収できるのは世界で日本人とポリネシア人だけだとか、、、
物知り!! そうなんだ博士!!

hiro-photo さん、こんばんは
今時は、島ではなくコインロッカー
そんな母 ?がいますね
なにがそうさせるのでしょう
ガキがガキを生むから、そんな事になるのでしょうね。

昔話、ホッとです。
それだけ素晴らしい島ということですね。

よ、、よかったーーーー
文字を見て変な想像をしてしまいました(*_*)
育てきれなくなった子供を みたいな

海藻はある意味”日本の味”ですね
ひじきにわかめ、海苔にもずく まだまだまだあります(おいしい♪)

そう言えば生海苔を腸で分解吸収できるのは世界で日本人とポリネシア人だけだとか、、、

こんばんは。
今の昔も子供を置き去りにして・・、違っているのはその後の結果ですね。
私などは、子供を一人にする事自体が考えられなかったですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝説:

« 復興中 | トップページ | 漁船が戻る »