最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 真冬の彩 | トップページ | 人工 »

氷瀑

払沢の滝も凍った、全面結氷に対して60%くらい、

さて、ことしの全面結氷はあるのか、毎年の期待です。

1

« 真冬の彩 | トップページ | 人工 »

自然」カテゴリの記事

コメント

M.Hermitageさん、早速のご指導ありがとうございます
ねむい画質、「回折現象」、
そんな現象があること、何となく知ってましたが、
無頓着に絞りを選んでました。
今回 F22 を選択したのは、盛り上がった氷の厚さを考え
被写界深度を稼いだつもりでした、
やっぱ絞りの最大は 13~16 にとどめたいところでしょうか、
風景撮影には大事なことですね、ありがとうございました。

再度お邪魔します。
小さく縮小された画像なので解像感がないように見えましたが、絞りF22となると小絞りボケが起きてるのでしょうか。
デジカメ特有の現象ですが、最近の機種は改善されているのかなぁ。
個人的に暗く撮る際、絞りではなくISOやNDフィルターで調整してます。

詳しくは↓を参照して下さい。既にご存知の際はスルーして下さい。

http://cweb.canon.jp/eos/special/dlo/factor/index03.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%B5%9E%E3%82%8A%E3%83%9C%E3%82%B1

pochikoさん、お早うございます
今日のこちら、大雪(10cmくらいかな)の予報が出てます、
首都圏のバタバタ振りが笑われそうです。

雪国福島、滝氷は珍しくないでしょう、もっと面白い氷の芸術がありそうですね。
ここは奥多摩、時々寒さが続くとこんな風景が現れたり、消えたり、
そんな感じです。

M.Hermitageさん、お早うございます
雪、氷り、雲、白い被写体の質感表現は難しいですね、
引きの写真は尚更です。
ちなみに、ISO100、SSは0.3秒、絞りは22で撮ってました。
ピント位置は、真ん中の流れ辺りの氷です。
WBは曇、レタッチは、色温度を多少寒系に、あと、色被り補正を若干プラスに、
アドバイス頂ければ幸いです。

お早う御座います☆

見事に凍ってますね。
週末は暖かかったので融けてしまいましたか。
でも今週は寒波襲来、また凍りそうですね。
そうだ、寒波に備えて灯油買って来なくちゃw

氷滝などピントの位置って難しいですよね。
どこに合わせても合ってるような合ってないような‥。
遠景だと尚更そう感じてしまいます。

氷瀑…流れ落ちる滝が凍ってしまうほどの寒さって
想像もつかないですけど
時として自然は、その想像もつかないことをやってのけてしまうのですね。

hiro-photoさん、こんばんは
明日は、こちらも大雪の予報が出ました、
数10cm積もる予報です。
多分、首都機能がマヒすると思います。

氷瀑、昨日、今日のライブ画像では、氷結がありません、
溶けて落下してしまったのでしょう。
滝の氷結は、流れが凍って行くのではなく
しぶきが凍りついて成長して行くようです、
連日氷点下が続けば全面結氷が完成すると思います。
結氷の裏側は、滝の流れはあります。

こんばんは。
流れる水が凍ってしまう・・そんなことが起こりうるのですね。
流れの水が次々に落下しながら凍ると、氷の層がどんどん厚くなって、滝の形ではなく滑り台の様になってしまいそうですね。
想像してしまいました。

の子さん、お早うございます
側で見ても氷の塊で寒さを感じます。
昨日、今日のライブカメラは滝結氷率 0%、
写真の撮影日は1/15日、
連続して氷点下を記録しないと滝結氷率100%、は難しいのでしょうね。

見事ですね。
氷瀑は居ながらに見るのがいいですね。
とっても寒そうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/72739643

この記事へのトラックバック一覧です: 氷瀑:

« 真冬の彩 | トップページ | 人工 »