最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 美のオーラ | トップページ | 朝 »

花托

雄しべに守られた花托の雌しべ、

一粒一粒が2000年のDNAを受け継ぐ。

1

« 美のオーラ | トップページ | 朝 »

自然」カテゴリの記事

コメント

の子さん、お早うございます
美味しそうなスイーツにも見えますね、
甘党にはたまらないかも知れません。
二度ばかり小山田の蓮の田んぼに出向きましたが、
手前、神社側の橋の近くは立派に咲いてましたが、
奥はだめですね、
よく見ると、いつもはしっかり水が潤ってますが
今年は、床がすでにひび割れ、水不足だったのかもしれませんね。

dachaさん、お早うございます
花弁が開いて、初めて花托が姿を現すとき、
とっても神聖な気持ちにさせられます。
雌しべの黄色も、一日二日で緑を帯びて来ます、
そして花弁が、はらり、と落ち始めます。
真夏の、このドラマ、毎年のことながら、ひきつけられますね。

華やかですね。
吸い込まれそうです。

こんばんは。
蓮の花托を真上からストレートに
撮られていてきもちがいいですね。
上の2枚の花弁がアクセントで可愛いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/71272457

この記事へのトラックバック一覧です: 花托:

« 美のオーラ | トップページ | 朝 »