最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 巣ごもり | トップページ | ほんのりと »

花心

ありんこと一緒に花弁を滑る、

芳香が漂うシベの樹に出会った。

1

« 巣ごもり | トップページ | ほんのりと »

自然」カテゴリの記事

コメント

ぼんぼんさん、こんばんは
どどーんとJ子様、度胸ありますね、もしかして日体大卒?
きっとバリバリの体育会系出身なんでしょうね。
氷壁登坂もOK、5mmのウエットスーツなんか着けなくって五月の神津島の海にダイビングもOK、
カッパのぼんぼんさん、ただただ息を呑むのみ、すんごいお嬢様に驚きました。

どどーんとアップもいいもんですね!

華やかだなぁ~
古代の人も花を愛した理由が何だか分かる気がします
縄文時代のお墓にも、野草を手向けた形跡があるんでしたっけ。。。

アリさんや虫さんが、まさに花に入る時の視点ですね(^O^)

M.Hermitageさん、こんにちは
牡丹園に咲いてたビタミンカラー、つい寄ってしまい、
ありんこの目線になって潜り込んでみたくなりました。
そんなこと、時々空想するのですよ。

お早う御座います☆

この花は何でしょうか、オレンジの色合いが綺麗だと思いました。
アリはどこに居るのだろう‥。
さて今週末はかなり暑くなるとか、聞いただけで滅入ります。

dachaさん、こんばんは
なれるものなら、ありんこと一緒に遊びたいですね、
花弁の底から見上げる別世界、
想像するだけでも面白いです。

の子さん、こんばんは
童心に戻って滑り降りて見ませんか、ぜったい楽しい、
こんなお伽の国にゆきたいですね。

hiro-photo さん、こんばんは
これっくらいの滑り台どこかにありませんか、
今時の子供達は森で遊ぶことも知らないし、
ゲームの世界と現実の違いも分からなくなってますね、
5才の孫が親のスマホをチャッチャッと使う、
なんか違いますね。

こんばんは。
強烈な色彩ですが、嫌味がなくて美しいです。
花弁のカーブを滑り台に見立てるところも、いつもながら素晴らしいです。

一気に滑り落ちちゃいますね。
あでやかな色合いに楽しそうです。

こんばんは。
大きな滑り台ですね・・、滑り終わって元に戻って来るのに苦労しそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/70588384

この記事へのトラックバック一覧です: 花心:

« 巣ごもり | トップページ | ほんのりと »