最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ベンチ | トップページ | 銘酒の器 »

今の童達、カラフルな遊具と、

この素朴な遊具と、どっちを選ぶのかな、

被写体としては楽しいのですが、今度職人さんと話してみよう。

1

« ベンチ | トップページ | 銘酒の器 »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

pochikoさん、お早うございます
大雪は小康状態になりましたでしょうか、こちらはカラカラの晴天です。
木の温もり、忘れてはいけませんね、
人も木も、アナログ、デジタルは人の心を劣化させますね 笑

>木のおもちゃ専門の子供の遊び場があるのですよ。
素晴らしいことですね、良い子が沢山育まれます。

こちらでは木のおもちゃ専門の子供の遊び場があるのですよ。
多くの親子連れが集まるようです。
うちの孫たちもよく遊びに行ってます。
カラフルなおもちゃも良いでしょうけど
木のぬくもりは捨てがたいですよね。

sirabisoさん、こんばんは
木の🚃とレールの玩具、ご子息の幼い頃の遊具だったのですね、
記憶にはないでしょうが、そのときの温もりが、優しい心を持つ大人になられたことでしょう。
お孫さんは?そのときに遊ばせてあげたいですね。

こんにちは。
木の温もりが伝わってきそうでいいですね♪
造った方の温もりも伝わってきそうです。
我が家にも木の🚃とレールの玩具がありますが、まだ大切にとってありますよ。

shizenkazeさん、お早うございます
作った職人さん、楽しみで作ってるようです、
遊具遊び場に置かれてるものではなく、
公園の中の、保存古民家の庭に、こつこつと作って飾ってる、って感じで置いてあります。
この遊具を見て、なんと思うか、様々ですね、
おっちゃんは、素朴さに惹かれてカメラを向けました。

hiro-photo さん、お早うございます
>きっと大喜びで乗っかってハシャグと思いますね。
きっと職人さん、そんな光景を期待してることと思います、
多少危ないことがあっても、好奇心の塊の童たち、
上手に使いこなすことでしょう。

chiboさん、お早うございます
お互いに、このような細工物の価値がわかる歳になりましたね、
もう2年ほどになりますが、ロビって言うロボットを組み立てましたが、
その材質、品質の低さにあきれました、
なんとか作動してますが、
いつ不具合が起こるかも、と思うとむやみに楽しもうと思う気持ちが起こりません、
そっと置いてあります。

の子さん、お早うございます
>懐かしい、胸にジンとくる暖かさ。
作ってる職人さん、頑固そうな方でした。
きっと、今、皆さんが忘れてる大切な事を、こんな細工で伝えようと
されてる様に思いました。
つい最近の事のように、
昔、このようなものが、宝物の様に思えた幼い頃を思いだしました。

catこれは乗用のものですか?
木製のものは暖かくて素晴らしいですが製作者にある程度の知識がないと小さな子供さんに怪我をさせることになります
私もこのようなものを以前趣味として作って差し上げていた事がありますが例えばタイヤ部分は1枚の板では少しくらい厚くても日が経てば簡単に割れてしまい前かがみになって大怪我のもとになります
私は2枚の板を木目を直角にして割れないようにして使っていました
枝でも向きによっては2本繋いで使用する方が丈夫になります
ハンドル部分に見れる木ネジも木が朽ちれば飛び出しますので隠しネジのような対処が子供遊具には必要に思います
確かに木のおもちゃは暖かくてナチュラルです
でもただ木を使えば良いって言うものじゃないので・・・・・

木を使う前に気を遣って欲しいですね~(o ̄∇ ̄o)♪

こんばんは。
木のおもちゃ・・自転車ですか、今の子供もこんな遊具に興味を持つものと思いますね。
身近にあまり無いものですから、きっと大喜びで乗っかってハシャグと思いますね。

大阪のおっちゃんさん
オンヤーマ~~~今の時代に珍しい~
 素朴な玩具をお作りで懐かしい作品です。
こんな木材を利用の気持ちが微笑ましいです。
新しい物・流行玩具追い掛け時代に
 頑張れ道具やさん !!!

懐かしい、胸にジンとくる暖かさ。
常に手の触れるところに置いておきたい・・。
でも今の童たちは?違うんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/69320703

この記事へのトラックバック一覧です: :

« ベンチ | トップページ | 銘酒の器 »