« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

ぬくもり

里山の名人、窯焼きパンの名人のこと、

毎年大晦日が近づくと、心を込めて焼いてくれる、

「お好きなだけどうぞ」、チャリティーの心が嬉しい。

1

夕照(せきしょう)

磯に夕陽が入る、岩肌が表情を変える、

美しい。

1_4




潮だまり

磯の楽しみ、潮だまり、

思いがけない出会い、発見もある。

1_2


スランプ構造

スランプ構造とは、地層の一部だけが激しく乱れてるもの、

三浦半島の先端、油壺あたりを訪ねてみた。

1

灯台

里山の灯台、

春の知らせはこちらから。

1

国宝

国宝にも見える臥龍梅(がりゅうばい)の冬芽、見事だ。

素晴らしい朝鮮伝来の焼き物に見えてしまった。

撮影は、都下府中市の「郷土の森」にて。

(臥龍梅、銘酒もありますが1593年伊達政宗公が朝鮮から持ち帰った、とされる朝鮮ウメ、

日本三景松島の瑞巌寺の境内に、伊達政宗公が植えさせた、と伝えられてます。)

1

シェリフバッジ

里山のタラ保安官、バッジに磨きがかかって来た。

美しい。

1

香炉

古代より伝わる香炉、珍しい形をしてる。

香木は、里山の枯れ木なんです。

1

香る

とっても新鮮、花弁も香りも、

一年ぶりの再会、久しぶりに幸せ感に満たされた。

1

スイーツ

野鳥さん、お待ちどおさま、

上出来ですよ、さっ、どうぞ。

1

シナマンサク

準備が出来た、

お正月には出番が回って来る。

1

山茶花の季節

山茶花と呼ぶのか、椿と呼ぶのか、

アヤメとショウブに悩んだ気持ちと同じ、

どちらでもよい、季節の移ろいを愛でよう。

1

困った芽

春でもないのに、、、

   どうしたのかな?

1

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »