最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 霧立ちのぼる | トップページ | 塩屋岬 »

釣果は

舟が戻って来た、何を釣ってきたのかな、

バス釣りらしい、釣果の自慢話、盛り上がることでしょう、

先着のお仲間が待っておられました。

釣ったバス、その場で湖に放してあげるのでしょうか。

1

« 霧立ちのぼる | トップページ | 塩屋岬 »

自然」カテゴリの記事

コメント

dachaさん、お早うございます
バス釣り、その道に精通されてる方にとっては
釣り上げる醍醐味には、たまらないものがあると思います。
きっと、食べることは二の次だと思うのですが、、、。
私は海の魚が大好きです、淡水魚、食べるのは鮎かウナギ、
鮎も一匹食べれば十分です。

てるえさん、お早うございます
思い切って裏磐梯へ、よかったです。
やっぱ自然に接するって凄いことなんですね、
台風や、地震、津波も怖いですが、貴女の撮られた素晴らしい光景、
これも自然、身も心もリフレッシュしてくれましたね。

shizenkazeさん、お早うございます
やっぱ食べるのですね、
知る人ぞ知るで抵抗がなく、美味しく食べられそうですね。
試食をしたい、と思っても、外食はもちろん、その機会はなさそうです。

おっちゃん
何時もありがとうございます♪
桧原湖へも行かれたようですね 霧が立ち込める幻想的な光景にも出会えたようですね
私も久しぶりに二泊でリフレッシュしてきました ありがとうございます♪

こんばんは。
朝霧の残る湖での釣り、楽しいのでしょうね。
しかし獲物がバスというのは、魚釣りに興味のない私にはげせません。
早起きするのなら、やはり美味しい魚を私なら狙いたいですね。

catアメリカにはページ数の多いバス料理の本もあるくらいにので美味しく食べられます
実際に私も釣り仲間に中華料理店の主人がいたので忘年会で調理してもらいましたが白身でスズキに近い味でした
どんな料理にも合うでしょうね~

因みに琵琶湖では港などに『バス捨て箱』が設置されています
釣ったバスをその中に入れてもらうようです~
滋賀県では給食に琵琶湖のバスを出しています・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪

shizenkazeさん、お早うございます
やっぱ釣りの真打ち登場です、
バス、とはブラックバスのことなんですね、
私の印象ではとても悪者なんです、在来種の魚を根こそぎ食べ尽くすような、、、
最近話題になるアリゲーターガーの枠内です。
>釣った魚を放すのも禁止されています
と言うことはお持ち帰り、後どうするの? 食べる習慣あるのかな?

catブラックバス釣りは楽しいものです
私がやっていた頃はまだバスは特定外来生物ではなかったのでキャッチ&リリースが基本でした
中には釣った場所から持ち去って他に放流するものもいました
現在ではブラックバスでもオオクチバス・コクチバス・フロリダバスの3種が特定外来生物に指定されていますので釣った魚を放すのも禁止されています
特に他へ移動すると罰則があります

hiro-photo さん、こんばんは
漁師さん、そんな舟が桧原湖にいらっしゃるのでしょうか、
氷結前のドーム舟の船長さんは漁師、とでも言うのでしょうか、
寒さしのぎの室内の船底からワカサギを釣る、ちよっと趣がない気がする、
やっぱ極寒の氷上でテントを張り、ドリルで穴を開け、ワカサギを釣る、
釣り上げたワカサギはすぐに凍ってしまう、そんな感じかな。

こんばんは。
まだ霧が立ち込めているようでが、カメラマンにとっては楽しみな霧ですね。
漁師さんであれば、仕事ですからは釣の成果は死活問題ですが、趣味の釣であれば、のんびりと過ごす時間は至福の時でしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/68246863

この記事へのトラックバック一覧です: 釣果は:

« 霧立ちのぼる | トップページ | 塩屋岬 »