« 只見の岩肌 | トップページ | 眺望 »

道の駅

只見川を後にして、夕食は、 "道の駅あいず湯川・会津坂下"

福島牛を味わって頂きました。 今夜はここで車中泊、後部座席を倒して寝袋へ、

翌朝 AM4:00、目が覚めた、回りは車中泊の車でいっぱい、

側の阿賀川の川霧が、辺りを満たしてました。

1

« 只見の岩肌 | トップページ | 眺望 »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

M.Hermitageさん、こんばんは
"道の駅あいず湯川・会津坂下"
湯川村と会津坂下町の2つの村と町で共同で整備されたものなんですね、
とても新しく、土曜日でしたが結構混み合ってました。
夜半、気温が下がったのでしょうか、濃い川霧が立ちこめてました。
ここで霧が出てると、只見川に期待が出来るですね、なるほどです。

こんにちは☆

この道の駅は出来て日が浅いのですが、いつも混んでます。
夜の車中泊も多いです。
夏、只見川の川霧を撮る際はいつもここを通ります。
朝、この辺りは霧が出易く、その様を見て只見川の霧の出方を予想してます。

dachaさん、こんばんは
>このオレンジは伝統の光でしょうか
伝統? はい、光源は電灯です、ナトリウムランプと言うそうです。
阿賀川に架かる橋の照明、オレンジ色に夜霧が浮かびました、
美しい、と思いましたので撮ってみたのです。

車中泊のできる車、特別そんな車ではありませんが、プリウスです、
後部座席の背もたれを倒すとフラットになり、私が(165cm)足を伸ばして十分休むことが出来ます。

おはようございます。
美しい光景ですね。
このオレンジは伝統の光でしょうか、魅力的です。
ところで車の買い替えが迫っていて、
車中泊のできる車を探しています。
差し支えなければ、何に乗っておられているのでしょうか。
参考までに教えてください。

ぼんぼんさん、おはようございます
>どうも今年は紅葉が元気ない?
やっぱそうでしょうか、数年前、裏磐梯の紅葉を見て感動し、
今年も期待しながら向かったのですが、やっと吾妻小富士で出会えました。
7つもの台風、この影響だと私は思ってるのですよ、塩害じゃないでしょうか。
”ヤドカリ状態”、とにかく安上がりで制約がない、気ままなおっちゃんにとっては便利なアイテムです。
宿に泊まってると、この光景も知らぬが仏で眠ってたことでしょう。

shizenkazeさん、おはようございます
絵の描けないおっちゃん、写真が頼りです、
美しい、を感じる心って大切にしたいですね。
歩いていても、車で走ってる時も、いつも何か探してる自分がいます、
これ、生活習慣なんでしょうか。
>渓流釣りは朝が勝負
写真もそう、朝夕が勝負です。

幻想のナトリウムランプ
どんな風景も出会ったら仕上げてみる、、 って姿勢がカッコいい!!

只見は秘境~!って感じがします
奥只見ダムの周辺は圧倒の紅葉スポットなんですが
どうも今年は紅葉が元気ない? って話をあちこちで伝え聞いております
(吾妻小富士は見事なお写真でしたが)

ほんとほんと!
最近は道の駅での車中泊の方多いですね(私もですが)
水道、トイレありなので、車中泊の場所に選ぶのも分かります
まさに宿をしょって走る”ヤドカリ状態” この便利さは捨てられませんね!

cat今日の写真を見た瞬間に平山郁夫画伯の絵のように感じました・・・・・
素敵な写真ですね~

車中泊は釣りをしていた頃はよくしていました~
渓流釣りは朝が勝負なので釣り場近くの空地や河原で車中泊&アウトドアライフしていました(o ̄∇ ̄o)♪
今は軽なので無理です・・・・・・゚(゚´Д`゚)゚

hiro-photoさん、こんばんは
撮影目的には、車中泊が一番動きやすいです、
まっ、2~3日が限度ですが、好きなチャンスを探せます。

chiboさん、こんばんは
心が動けば何でも撮ります、
作画に挑戦、自分の心との対話です。

こんばんは。
キャンピングカーでは無くて普通の車での旅ですか・・・、車中泊はかなり勇気がいりそうですが、旅慣れているようですね。

大阪のおっちゃんさん
オハヨウサンです。羨ましい風景か?夢の中か?
未だ出会いの無い幻の絵姿の様です。
楽しくシャッター押しの連続の事と想像です。
 素適な絵姿羨ましいの一言です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/68160072

この記事へのトラックバック一覧です: 道の駅:

« 只見の岩肌 | トップページ | 眺望 »