« 吾妻小富士 | トップページ | 只見の岩肌 »

赤い橋梁

紅葉、黄葉の色づきに不満を残しながら磐梯吾妻スカイラインを後にする、

日本の原風景が見つけられないものかと、下道を猪苗代湖方面に車を走らせる、

見つけられない、M.Hermitageさんの足跡をたどり、只見川国道252に入る、

周囲の山の端に太陽が掛かる頃、この赤い橋梁に出会った。

31

« 吾妻小富士 | トップページ | 只見の岩肌 »

自然」カテゴリの記事

コメント

pochiko さん、お早うございます
今朝のこちら、少し冬の気配も感じます。
夢中で走った福島、今回もかなり走りました、また伺います。
見たまま、感じるままに動く、そして撮ってみる、それが楽しいのです。
pochiko さん農園からも、育てる幸せ感が伝わってきますね、手をかければ応えてくれる作物、
私も動けば何らかの被写体に出会える、、、楽しみがあるって有難いです。

写真見せていただきました。
会津へ入られましたね。
この赤い橋は柳津の橋ですよね。
まだ紅葉も若い風景に赤い橋は良く映えています。

M.Hermitage さん、こんばんは
先日は "ひるブラ" 情報ありがとうございます、
お写真で拝見しておりました集落を目の当たりにして
TVに見入ってしまいました。
周囲の紅葉の様子も、あれから一週間、さほど進んでる感じもしませんでした。
今年はこんなもんかな、が感想です。
集落のおじさん、おばさん、小勝様、皆様ご親戚なんですね。
栃の実の保存食、凶作の時の食べ物だったのですね、今回の福島土産に栃餅を買って帰りました。
雪道を歩く靴、ケンベイも、とても素晴らしく、珍しく思いました。
やはり前沢集落辺りは3mもの積雪になるようで、冬囲いの知恵も教えて頂きました。

写真 "赤い橋梁" は、会津柳津駅の近くでした、 国道 252を外し集落を走ってる時に目に入り、
撮影後、国道に戻りましたが、どこをどう走ったのか説明できません、
とにかくM.Hermitage さんのテリトリーに入れ、幸せでした。

こんにちは☆

国道252号線も走られたのですか。
というか、この橋はどの辺りだろう w

さて私の写真など自己満足レベルのものばかりで、お恥ずかしい限りです。
只見川ないし只見線はその道の玄人が沢山おられ、いつも参考にするばかりです。
当ブログでも書きましたが、三島町や金山町、いよいよ色付き始まるといった景観でした。

sirabisoさん、お早うございます
考えてみると、福島の地に写真を撮りに出かけたのは 3度目になります。
今回は紅葉がお目当て、「見ごろ」、との情報を頼りに出かけましたが
麓は全く色づきがなく、がっかりしましたが、浄土平で鮮やかな紅葉に出会えました。
地元写真家のM.Hermitageさんのお話にもありますが、今年は、今一の感じのようです。
私なりに、今年は、東北、北海道方面を襲った数多い台風の、塩分による影響を受けたように思ってます。
また来年に期待をしてます。

chiboさん、お早うございます
国道252号線をたどると、魚沼市を経て十日市場に、
chiboさんの故郷、新潟に繋がってます。
ブログで素晴らしいお写真を見せて頂いてるM.Hermitageさん、
この只見川を題材にされた多数の傑作を作られてます。
そのM.Hermitageさんの足跡を少したどってみたくなり、今回の福島行きに繋がりました。

shizenkazeさん、お早うございます
『奥只見の魚を守る会』、そんな会を開高健さんが開かれてたのですか、
そしてshizenkazeさんが開高健さんとお知り合いだったなんて貴重なお話ですね。
只見川から、こんなお話が広がるなんて嬉しいです。
>昔から自然関係の所に関わっていました~(o ̄∇ ̄o)♪
そんなお話もUPして下さいね、お待ちします。

hiro-photo さん、お早うございます
hiroさんの鏡川の夕景、橋を配した作画を楽しませて頂いてます。
全く土地勘のない只見川を、あてもなく上る、
ここで写真を物にしょうなんて図々しい話し、しかし写真の神様が
せっかく遠くから来たのだからと、1カット撮って行きなさい、と見せてくれたのがこの光景、
印象的な赤い橋脚、静かに、豊かに流れる只見川、嬉しく撮らせてもらいました。
昔から変わらぬ流れと、近代技術で架けられた橋、このミスマッチが写欲に繋がったのです。

おはようございます。
ロングドライブの旅だったようですね。
さぞお疲れのことだったと思いますが、秋の東北を満喫されたことでしょうね♪
朱色に染めた橋がとても印象的ですね。奥只見も紅葉の見ごろのようですね(^^)

大阪のおっちゃんさん
楽しい福島の旅を自分の記憶を重ねながら
羨ましく今度はどこえ?ハンドル切るかな?と
嬉しく微笑ましく拝見させて居ります。
 旅の思い沢山は老後の宝です。

cat只見川には行った事がありませんがずっと昔に『奥只見の魚を守る会』に入っていました
知り合いの開高健さんが会長をしていた会なので結構長く入っていました・・・・・
昔から自然関係の所に関わっていました~(o ̄∇ ̄o)♪

こんばんは。
緑の葉を映した湖面に朱色の鉄橋…、もう少し太陽が高かったら、綺麗な朱の鉄橋も湖面に映ったでしょうね。
旅は思いがけない景色も見せてくれます・・楽しかったでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/68105857

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い橋梁:

« 吾妻小富士 | トップページ | 只見の岩肌 »