最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 芽 | トップページ | 私が主役 »

根塊力

曼珠沙華、豪華に美しく咲いた、

源は、根塊にあり。

1
1_2



« 芽 | トップページ | 私が主役 »

自然」カテゴリの記事

コメント

dachaさん、お早うございます
地下、なかなか目にはしません、
今、東京築地市場の豊洲移転で明らかになった地下空洞問題、
目にしない、が盲点ですね。
ある日、この彼岸花の根っこを洗い出す光景に出会いました、
写真は、表面の、芽が出た状態ですが、掘り出した根っこは、球根が塊として繋がり、
とてもグロテスクな感じでした。
見るまでは、球根一個一個がバラバラだと思ってましたが、
まるで根ショウガの化け物みたいな塊でした。
開花の花の美しさと、このアンバランス、植物の不思議ですね。

こんばんは。
花ばっかり見ていました。
2枚目、とても新鮮です。
こんなだったのですね。

sirabiso さん、こんばんは
昔はなぜかお墓によく見かけました、
もっと前の昔には、土葬された先祖を、獣たちに荒らされないよう
その地下球根の毒素力を利用したようで、これも生活の知恵だったのでしょう。
しかし不吉な花の印象もありますね。
今時は田畑のモグラ除け、の説が不吉を上回ってます。

M.Hermitageさん、こんばんは
一説によりますと、福島の開花は10月だそうで、
また、一般的には、秋田県が北限とのことです、
家内の実家、岩手でも彼岸花が咲いてるそうですよ。
北海道では、一部地域の植生でも見られるそうで、
公園の温室でも見ることが出来るそうです。
全国区、ちょつと半信半疑になりそうですが、やっぱ謎めいたところがあります。

の子さん、こんばんは
彼岸花の底力をご覧ください、
地下に蓄えたパワー、凄いですね。
花が終わればすぐに、葉っぱが伸び、
球根に養分を蓄え始めます。
そして春には葉っぱを枯らし、秋の芽生えを待つのです。

shizenkaze さん、こんばんは
今回は根塊(こんかい)の写真です、
毒が混ざってるけど、摺って、水に晒せば毒抜きできる、
極上のでんぷん、昔人の知恵ですね。
年貢の取り立てが厳しい時にはこれを食ってしのいだ、
根性が違います。

おはようございます。
彼岸花はとても生命力の強い植物ですよね。
球根も逞しくて、その力強い花色も強烈に感じます。
私は子供のころから、苦手な花でした( ;∀;)

お早う御座います☆

彼岸花の球根、見たことが無かったかもです。
一昨日茨城に行ったのですが、県境の辺りから茨城に入ると彼岸花が多く目に付きます。
関東の人に福島に入ると目にしなくなると聞きましたが、その通りかも知れません。
分布としては北海道でも咲くようですが、宮城県南部が北限じゃないか‥と、勝手に思ってます。

たしかに、花ばかりに目をうばわれてますが、
球根ありきですね。

cat今回は根塊の写真ですか~(o ̄∇ ̄o)♪

chibo さん、こんばんは
当初、彼岸花には、ラッキョウのような可愛い球根があるものと、想像しておりましたが、
実際は、こんな凄い根の塊りのような凄いものでした。
底力があるわけです。

hiro-photo さん、こんばんは
彼岸花、不思議な体内時計を持ってますね、
人知ではわからない秘密があるのでしよう。

大阪のおっちゃんさん
有り難う御座いました?何がでしょうね?
彼岸花の根は大昔の非常食に『根』の塊を
食す方法が在るとのことで 空き地に奨励の
花と聞いたことが有ります。
今回『根玉を』初めて拝見出来幸せでした。

こんばんは。
北から南まで同じような時期に見られる曼珠沙華・・、
人様の写した写真が、自分の撮り方に大いに参考になりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/67653951

この記事へのトラックバック一覧です: 根塊力:

« 芽 | トップページ | 私が主役 »