« カヤック | トップページ | 水遊び »

だれが生徒か先生か

楽しい水上教室、

水色、黄色、白、がカヤック、

赤、黒がカヌーですね。

1

« カヤック | トップページ | 水遊び »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

M.Hermitage さん、お早うございます
私もM.Hermitage さんのような素晴らしい風景写真を撮りたいと思います、
感動を受けるって、これもワクワク感があって嬉しいものです。
自分の世界に浸れるものがあるって素敵ですね。

pochikoさん、お早うございます
サクぼんちゃんスイカ食べたかったな~~、
ばっちゃんの愛情たっぷり、素晴らしい出来でしたね。


サクぼんちゃん、こんなお舟を見るとなんと言うでしょう、
きっと初めて目にされる光景でしょう。
私にも3歳の孫がいます、上は大学生ですが、
いまこの三歳児がとても可愛い、無性に会いたくなることがあります。

お早う御座います☆

水面の青と舟の色彩が映えてます。
今まで興味がなかったのですが、これは面白い被写体になりそうな気配‥。
前に書きましたが、近くの漕艇場に行ってみるかな。
でもあそこは流れのある大きい川なので、雰囲気がぢょっと違うかも知れない。
などと妄想しております w

こんばんは。
カヤックとカヌーと区別がつかないと思ってましたが
こうして二種類をUPしていただくと
クッキリと違いが分かるようです。
見てて涼しそうですね^^

dachaさん、こんばんは
写真のタイトル、即、決まるとほっとします、
撮るとき、手応えのある写真は、速攻タイトルが浮かびますね。

こんばんは。
タイトル、いつもながらお上手ですね。
感心しています。

鉄っちゃん、こんにちは
>スマホに魚眼レンズもいいですね
またまた、どんなことするの???
鉄ちゃんのスマホのカメラ、魚眼にもなるの?

こんにちわ
これに乗りながら
防水デジカメで写真撮りたいですね
水面ギリギリショットなんて面白いでしょう
スマホに魚眼レンズもいいですね

の子さん、お早うございます
今度機会があれば体験しましょう、
百聞は一見に如かず、優しい体験教室に見えました。

shizenkazeさん、お早うございます
この世界、憶えきれません、
クラスも多種多様、又別の機会に別の種類に出会ったとき
また楽しみながら調べたいと思います。

おっ、これがカヌーにカヤックか。
今まで知ったかぶりしてました。
水上教室風景、私は卓上教室、勉強になりました。

catオープンデッキのカヌーが3艇とクローズドデッキのカヌーが3艇と言う言い方もあります
最近はカヌーと言えばカナディアンカヌーをさしますが以前はカヤックもカヌーと呼んでいました
先日日本初のメダリストになった方はクローズドフェイスのカヌー(カヤック)で競技をしましたが厳密に言えばパドルがシングルなのでカヌー競技となります
カヌーの競技法には16種あるので細かな規則があります

私のブログでは長良川の激流でカヌーを楽しんでいる光景も何度か載せています~
カナディアンカヌーなら以前は持っていて乗っていました・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪

hiro-photo さん、こんばんは
ここは超ビギナーの教室のようですね、
少し漕げるようになると勝手気ままに進んでるみたいで
上から見ると楽し気です。

chiboさん、こんばんは
ちょっとメダカの学校みたいでしょ、それぞれが気ままに漕いでました。
上から見てるとおもしろいです。

こんばんは。
こちらでも学生の練習風景をよく見ますが、結構スピードが出てスイスイと水面を進んでいます。

大阪のおっちゃんさん
 カヤック&カヌー 門外漢 拝見で
     楽しいボートお遊び感。
未だにカヤック・カヌーも本物お目にかからず区別も付かず
 だが珍しい感大です。 筏は生徒時代造り乗りのお遊びも。
  湖での遊びは楽しい風景ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/67313822

この記事へのトラックバック一覧です: だれが生徒か先生か:

« カヤック | トップページ | 水遊び »