最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 静かに | トップページ | 青二才 »

野に咲く

蓮田の地下茎、ちょっと外遊び、

別世界にびっくりしてるようです。

1

« 静かに | トップページ | 青二才 »

自然」カテゴリの記事

コメント

pochikoさん、お早うございます
こんな場所に顔を出した蓮の花、顔を合わせたおっちゃんもびっくり、
せっかくの出会い、何とか写真にせねば、と焦りました。

chibo さん、お早うございます
この日の狙いは朝陽の光景でした、
残念ながら雲が、、、
出会った蓮の花は、きっとこの日が一番でしょう。
シヤッターチャンスが無かった残念な日だったのです。

思いがけない場所にビックリしているのは
蓮の花だけではなさそうです。
地下茎はどこまでも伸びるものですね。

大阪のおっちゃんさん
 風景良し 花良し レンズお供に
  散策も 健康に良し 
 暑中凌ぎの基ですね。 
    お元気で !!! 

M.Hermitage さん、お早うございます
福島、安達太良山の近くでは、早、秋の気配が、、、
もう肌で感じ取っておられるのですか、季節の移ろいですね。

植物には、葉、茎、根、がありますね、
その茎が地中に埋もれる性質のあるものが地下茎、
蓮はその性質を持ってるのです。
蓮の地下茎は、連なったウインナーソーセージのように、くびれて連なってます。
そのくびれから芽が出て地上に出たのが地上茎、葉っぱになったり、花が咲いたり。
くびれから根もで出るのです。
食用になる蓮根は、この地下茎が肥大したもの、根ではありません。
ゴボウは根が肥大したもので根です。

写真は、地下茎が、思いがけないところまで広がり、
地上に現れた茎に花を付けたところ、
雑草の狭間に咲く蓮の花が面白く思いました。

お早う御座います☆

この数日、明け方はかなり肌寒くなりました。
このコメントを書いてる今も部屋の窓を閉め切りましたが、秋が少しずつやって来ているようです。
所で地下茎って何だろう‥。
蓮の花を貼り付けたということかな‥。

hiro-photo さん、こんばんは
きっと見慣れない世界に戸惑ってるのでしょう、
咲こうかな、咲いていいのかな、
そんな仕草なんでしょうね。

こんばんは。
早朝でしょうか・・まだ咲き切っていない蓮の花、一番美しく見える頃ですね。
新しい世界を目の前にして、少し気持ちに余裕がなくなっているのでしょうか・・・、恥じらっているのでしょうか。

の子 さん、お早うございます
地下世界が広がってるのですね、
争うこともなく自由に、この寛容さが大事ですね、
これもお釈迦様の教えかもしれませんね。

shizenkazeさん、お早うございます
もう、爆笑です、笑
どこまでもオツムが明晰、次回から笑点に出ていただきますね。

冒険心がありますね。
若さの秘訣でしょうね。

cat遠くに咲いている遠く系かと思ったら・・・・・
近系(地下茎)だったのですね~
あ~ハスかしい(恥ずかしい)・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/66927086

この記事へのトラックバック一覧です: 野に咲く:

« 静かに | トップページ | 青二才 »