最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

秋支度

日を追って秋へと、

もう台風は来なくっていい。

1

8月の紫

残り花のように咲いてたこの花、なんて名前なんだろう、

きっと、どなたかが教えてくれると、勝手に期待。

1

秋への誘い

台風10号、ブーメランコースを描きそうだ、

野は、秋へと衣替えが進む。

1

合図

花火のフィナーレは、百雷が、一時に落ちたような爆雷に包まれ、

夜空は昼間より明るく、歓声と拍手が沸き上がる、

しばらくして、ラストの、どでかい一発が上がるとこれでお終い。

数分後、小さな、小さな花火が打ち上げられる、これが〆の合図でもある。

1

大輪

夜空に開いた大輪の花、それは花火、

又吉さんの小説はヒバナ(火花)、

俺は花火と思ってた。

1

鬼太郎

速報、真夏の夜空に現れる!

現れたのは妖怪族の、一つ目の鬼太郎

子供に大人気。

1

怪談

この季節、あちらの世界では怪談が頻繁に開かれる、

会場を覗くと、いるいる、礼服をまとった首脳たち、

やっぱあの世だな。

1

氷彩

熱くなった夜空を氷彩で冷ます、

ついでに俺の頭も冷やしてもらいました。

1

暑い !

お空も火の粉で覆いつくされました。

1

青二才

青二才、もしかしたら、こんな栗の実のことを青二才、

と呼ぶのかも知れない、そろそろ収穫の時期を迎えます。

1

野に咲く

蓮田の地下茎、ちょっと外遊び、

別世界にびっくりしてるようです。

1

静かに

賑やかな蓮田にも、こんな物静かな方が

優しさが漂ってます。

1

夏開き

美しい開花、蓮田に開いた大輪、

真夏日から猛暑日への開演です。

1

一服の涼

ふと暑さを忘れる、

水面に爽やかな風が流れた。

1

梅雨明け

どんより雲がやっと腰を上げた、

真夏の風に押されて退散、もう来るなよ。

1

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »