最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 旧局舎 | トップページ | 滝の香り »

払沢の滝 (ほっさわのたき)

少しは涼を感じて頂けたでしょうか、

奥多摩も雨が少なく水量が細いです。

真冬には全面結氷もあるこの滝、「日本の滝100選」にも選ばれてます。

1

« 旧局舎 | トップページ | 滝の香り »

自然」カテゴリの記事

コメント

dachaさん、お早うございます
いつも楽しくブログを拝見させて頂いてます。
視点が素敵で、色使いの上手いこと、
明るいお人柄をも伝わって来ます、宜しくお付き合い下さい。

但馬 (たじま、兵庫県北部のこと) にお住まいなんですね、
私は大阪泉州の生まれ、東京住まいは50年以上になります、
なんだか嘘みたいに年月が過ぎ去って行きました。
今は貧乏ながら写真を楽しむ毎日です。

こんばんは。
撮影地が東京が多いので、
あれっと思ってプロフィールを読ませていただきました。
大阪ではなくて、現在は「東京のおじさま」なのですね。(笑)

の子さん、お早うございます
一気に猛暑、ちよっときついですね、
無理しないで頑張ります。
今日ダリア見に行って来ますね、情報ありがとうございます。

涼しい光景をありがとうございます。
昨日は37度、暑いなんてものじゃなかったですね。

shizenkazeさん、こんばんは
私は都下に住んでますが、奥多摩までは車で90分くらい、
富士山も高速使ってそれくらい、
でもなかなか行かないものです、気ままにしてます。
奥様は魔女、そんなのがありましたね、鼻をくしゅくしゅ、すると魔法が、、、
古いお話が奥多摩で蘇るなんてshizenkazeさんは人気ものですね。

hiro-photo さん、こんばんは
今日のこちらは猛暑日になりました、体に来ますね。
水源地は相変わらず、渇水が心配です。

M.Hermitage さん、こんばんは
払沢の滝、ご存じでしたか、
やっぱ少しは有名なんですね。
水量はかなり寂しく感じました、通年はもっと豊かなんですが、
雪と雨不足のようです。
この流れは上水道の源にもなってます、みず遊びは禁止なんです。
奥多摩は、東北の桜開花と、ほぼ同じ、
家内の田舎が岩手なんですが、いつも桜の頃、田舎の桜を思い出します。

chiboさん、こんばんは
払沢の滝、思い出されましたか、
この日も10人ばかりの人と出会いました。
真冬もいいですね、全面結氷、紙面を飾ります。

払沢の滝を見ていると涼しくなりました~
私も滝は好きで時々見に出かけますが近くには少ないので道中が大変です・・・・・

奥多摩は東京じゃないような雰囲気なんでしょうね?
都会の騒々しい所と比べれば物怪や妖精でも出て来そうです~

そう言えば私が若い頃に外国のテレビドラマで『奥多摩は魔女(?)』なんてやっていました~(o ̄∇ ̄o)♪

こんばんは。
真夏日の続く昨今、こんな景色は涼しげで良いですね。
東京の水瓶はその後増えてきたでしょうか・・・。
豪雨に悩むところもあれば渇水を心配する所もあります・・、中々思うようにはいかないですね。

こんにちは☆

この滝、ネット上で何度か見ました。
今の時期は矢張り水量は少ないでしょうか、滝壺で水浴びしたい衝動に駆られます w

古い局舎、絵になりますね。
今でも使われているのでしょうか、じっくりと撮影したい建物と背景だと思いました。
東京とはいえ奥多摩などは自然に溢れているようですね。
機会があれば行ってみたい場所です。

大阪のおっちゃんさん
 懐かしい涼を呼ぶ 仏沢の滝 拍手です。
   水量は 時の運 です。
      懐かしさを引き出して頂き
              有難う御座いました。
    

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/66321562

この記事へのトラックバック一覧です: 払沢の滝 (ほっさわのたき):

« 旧局舎 | トップページ | 滝の香り »