« 初夏の風 | トップページ | 払沢の滝 (ほっさわのたき) »

旧局舎

東京都西多摩郡檜原村、

そう、東京にも村があるのです。

旧局舎はこんな感じ、森に似合いますね。

1

« 初夏の風 | トップページ | 払沢の滝 (ほっさわのたき) »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

鉄っちゃん、こんばんは
この旧局舎、見覚えがあるのですね、
そう、この奥に払沢の滝がありますね、
ちよっと覗いて来ました、続編も見て下さいね。
鉄ちゃんの小学校、こんな感じですか、
今でも保存されてますか、え~~っ、まだ使ってる、
素晴らしい!!

こんばんわ
これ郵便局だったんですね^^
かわいらしいですね
ストーブを使う古風な建物
昔自身の小学校もこれでした

の子さん、お早うございます
緑、やっぱ癒されますね、檜原村ってのもいいです。
久しぶりに払沢の滝を眺めて来ました。
滝つぼの前で、妄想に浸る方もいました、
滝の音もいいものですね。
渇水でしょうか、水量も少なく、ちょっと寂しげでした。

shizenkaze さん、お早うございます
出ました究極のダジャレ、『究極』の『旧局舎』、
次回、旧局舎の方に投函しときます。
檜原村、元総理の中曽根さんの別荘があります、
ロン、ヤス、の茶会を思い出します。

hiro-photoさん、お早うございます
森の中に緑の郵便局、何か投函したくなりますね。
檜原村の旧局舎、森の中に復元され、
皆様の目を癒してます。
今は個人所有で、中は、工房として活躍してます。
森に馴染み、持ち主の心も見えますね。

この先に "日本の滝100選" に選ばれた払沢の滝があり
冬季には全面結氷することがある寒いところです。
ストーブは薪ストーブでしょうね。

chibo さん、お早うございます
これから払沢の滝に向かいました。
この旧局舎、何度か目にしておりましたが、
帰りに、すぐ近くにある村役場と、隣接の郵便局に寄って
話を聞いてきました。
建物は本物で、近くの街道沿いにあったもの、
局舎廃止とともに個人で所有し、森の中に復元、外見は昔のままに復元塗装、
中は工房として使われてます。

ホッとする風景です。
涼やかな空気が伝わってくる気がします。

catとても素敵な雰囲気の建物ですね~

自然の中に溶け込んだ『究極』の『旧局舎』に思えます・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪

こんばんは。
私のように歳を食った者には、こんな景色はほっとして気持ちが休まりますね。
煙突が突き出ていますが、マキをくべて暖を取るストーブでもあるのでしょうか・・・。

大阪のおっちゃん 
豪く遠くまで 出張致しましたね。この道は
登るほど期待感が高まる道と思い出しの街道です。
冬期は払沢の滝凍結がが楽しい思い出です。
 昔を思い出しの街道次の掲載をお待ちいたして
  居ります。  

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/66287827

この記事へのトラックバック一覧です: 旧局舎:

« 初夏の風 | トップページ | 払沢の滝 (ほっさわのたき) »