最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ムスカリ畑 | トップページ | 卯月の風 »

老いも若きも

老いと生きる、若きも生きる、

共生は難題だ。

1

« ムスカリ畑 | トップページ | 卯月の風 »

自然」カテゴリの記事

コメント

まさよさん、お早うございます
現役のお仕事を離れ、一年近くなります。
要介護度はまだ 0 です、肉体的にも、精神的にも
介護霊が迫る気配におののいて暮らしてます。 (笑)
介護の現場は凄まじいでしょうね、
要介護者と、健常者、同等のテーブルってありますか?
川崎市で入所者が、上階から深夜に投げ落とされて殺されました、
あってはならないことですが、現実です。
介護される側、する側、葛藤は絶対にあってはならないのでは、、、と素人は思うのですが。

U。・ェ・。Uノ~コンバンワン♪
介護の仕事をしていますが、年を取るとまた素敵な事もありますね。

素敵な年の取り方を私はしたいと思っています。

sirabisoさん、こんにちは
一本の、枯れ木の大木を眺めながら思いました。
萌える若木、枯れた大木、
それぞれに生き様があります、
枯れた木を我に例えると、逞しくもあり、哀れでもあります。

の子さん、こんにちは
お天気が荒れて来ました、
静かに自宅で自習することにします。

>なので、今日を精一杯生きるに徹しています。
流石、とっくの昔に悟りを開いておられる、
今日の一日に感謝ですね。

M.Hermitageさん、お早うございます
「さくら」さんの伝説、やっぱあったのですね、
お写真を拝見しながら、きっと昔話があるはずだ、と直感的に感じました。
野に腰を下ろしながら、「さくら」さんのお話を古老から聞きたいものです。

人が生きて行く、一匹オオカミのような強さを求められるのでしょうか、
孤が好きな方、群が好きな方、ひと様々ですね、
今まで生きながらえたことは、共生のお陰かもしれませんね、
又、とっても勉強させて頂きました。

おはようございます。
いつの時代も世代間の軋轢のようなものがあるのだと思います。
またそれが社会の活力になっているのかと思いもします。
自分の中にも老いた部分と若い部分が共生しているように感じています。

老いも若きも、
考えたら難しい。
なので、今日を精一杯生きるに徹しています。

お早う御座います☆

なかなか難しいですね。

明日、寒くても暑くても私は私。
痛くても痒くても私は私といった感じかなぁ‥。

普通に生きてるということは、その時点で共生だと思うのですが、私のような愚か者は尚のこと気付かないのかも知れません。

hiro-photoさん、こんばんは
>現実問題としてな中々難しい
もう今時、話題にするのもうんざりです。
>次の世代の栄養となってくれればそれで満足
そう、心配しても始まりません、開き直って余生を送ります。
いつもの筑池の古老との対話を楽しみました。

こんばんは。
共生できれば良いですが、現実問題としてな中々難しいのかも知れませんね。
朽ちて枯れても、次の世代の栄養となってくれればそれで満足・・、そんな気持ちになりたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/64999979

この記事へのトラックバック一覧です: 老いも若きも:

« ムスカリ畑 | トップページ | 卯月の風 »