最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 胸飾り | トップページ | つれづれに »

ゆきげのころ

 "雪解"ゆきげ、そのまんま、雪が解けることだそうです。

俳人笑子氏より教わりました。

猫柳の一種でしょうか、産毛の、とっても美しい雪解の季節です。

1

« 胸飾り | トップページ | つれづれに »

自然」カテゴリの記事

コメント

の子さん、お早うございます
日本の四季は美しいですね、
そう感じる心をいつも残しておきたい、と思ってます。
日本の言葉も美しい、奥ゆかしさ、
これもなかなか身に付きません、もう無理とはわかってても、、、、。

うつくしい!
言葉も絵も日本人でよかったと思えます。

hiro-photo さん、こんばんは
鏡川にも春がやってきましたね、
ボラ、そんな季語もあるかも知れませんね。
一句ひねって下さい。

笑子さん、こんばんは
>季語の素晴らしさ、美しい日本語を
季語、とっても勉強になってます、
これでも写真のタイトルは苦心してるのですよ、
撮った瞬間タイトルが浮かぶ写真はお気に入りです。
【川楊】なんて高尚なタイトルが浮かぶような写真を撮ってみたいものです。

こんばんは。
暖かい春の到来を待っている光景ですね。
明るい陽射しが待ち遠しいですね。

こんにちは~~~

「俳人」などと、恐れ多いです~~~やめてください~~(・_・;)!

でも、俳句かじっていることは事実で
季語の素晴らしさ、美しい日本語を
これからも紹介できれば、、と思っています

ネコヤナギの産毛・・・子供の頃よく触ってました~(笑)

古くは【川楊】(かはやぎ)と呼ばれていたそうですよ
万葉集に「「山の際に雪は降りつつしかすがにこの川楊は萌えにけるかも」
というのがあります
山にはまだ雪が降っているけど、もう春ですね、このネコヤナギは芽吹いていますよ・・・・という
ちょうど、今日の大阪のおっちゃんさんの記事にピッタンコでした(^^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/64017183

この記事へのトラックバック一覧です: ゆきげのころ:

« 胸飾り | トップページ | つれづれに »