« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

変わり雛

花久の里にて、地元のおばちゃんのサークル、

「手毬作り」の作品です、とっても丁寧でした。

11
21
31





かわゆい~~

雛の表情がとっても可愛い、

沢山撮りましたが、お気に入りの 5枚 です。

「恥ずかしい」

1

「お姉様」

1_2

「勝気」

1_3

「いいなずけ」

1_4

「姫」
1_5

雛の頃

埼玉、鴻巣市にある花久の里に行って来ました、

お雛様を見に。

もう数えきれないほどのお雛様に迎えられ、

地元のおばちゃん達の温かさをも頂き、とても佳き一日になりました。

鉄ちゃん、ご紹介ありがとうございました。

11_2

21

61_2





寄り道

本願寺さんにお参りの後は、ちょっと勝どき橋まで、

1970年より "開かずの橋" 勝鬨橋

完成から76年にもなるのですね、隅田川をまたぐ橋の下を

今も、はしけの往来が多く、警戒船が常駐してました。

21




つれづれに

マグロが食べたくなって築地に、

築地には何度も足を運ぶも、

向かいの築地本願寺には、お参りしたことがなかった。

お参りして驚いたこと、本堂内部の撮影の許可がでたのです。

本堂の内部には、パイプオルガンもあり、演奏コンサートも開かれるとのこと、

浄土真宗って開放的な教えなんですね、びっくりポンです。

11
1
51



ゆきげのころ

 "雪解"ゆきげ、そのまんま、雪が解けることだそうです。

俳人笑子氏より教わりました。

猫柳の一種でしょうか、産毛の、とっても美しい雪解の季節です。

1

胸飾り

真冬に逆戻り、ビックリポンですね。

胸元を飾って春を待つことにしましょう。

1

笑顔

笑顔が一番、

身も心も元気な証です。

1


春おぼろ

そろそろ、春おぼろの季節、

週末には春一番の予感、季節は移ろいます。

1

これ、な~~に?

ヒントは虫、

五郎丸ではありません。

1

稜線

稜線に輝く苔林の胞子、

春を迎える、飛び出しの準備ができた、

春、待ち遠しいな~~。

1

福寿の金杯

先ずは一献、この杯で頂くと

今年も元気で楽しく、心豊かに過ごせます。

1_2

快晴

天晴に、映える白梅、

花咲か爺さんがやって来ました。

1

薄氷

薄氷を砕く、悪ガキのお遊び、

これが楽しいのです。

現れたアート、これは頂きです。

21

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »