最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 柔らかい白 | トップページ | 紅梅 »

里山風物詩

昨夜はどんど焼き(せいの神)、毎年どんど焼きのできる場所が

少なくなって来てます。

地域の無病息災や五穀豊穣を祈念、

門松、ダルマ、お札、書初め、お守りなどをお焚き上げます。

1

« 柔らかい白 | トップページ | 紅梅 »

自然」カテゴリの記事

コメント

chiboさん、こんにちは
明日の朝は雪景色になりそうですね、
越後育ちのchiboさん、どうしたものでしょう。

塞神、賽の神、漢字が難しい、「お賽銭」の "さい" と憶えることにします。
どんど焼き、お正月においでになった神様をお送りする、
そう考えると、神様を身近に感じます。

大阪のおっちゃんさん 越後の山村では 漢字不明で『サイノカミ』と
雪の中夕方 お炊き上げ 書初めが高く燃え上がると 字が上手に・・・・・
 正月明けの楽しい行事でした。この火で焼いた餅を食べると
   元気・風邪引かぬなど等。 伝統は大切に引き継ぎたいですね。

笑子さん、お早うございます
ブログ糸が繋がったようですね、
才覚があれば一句ひねりたい心境です。
ありがとうございます。

どんどのダルマ、毎年必ず何個かが納められてます、
両目が入って大願成就なんでしよう、嬉しい光景です。
お焚き上げ、里山は日没時なんですが、小学校は日中です、
これも時代でしょうか。

残りのお蜜柑、頂きにあがりたいくらいです、
お近くの、保育園や、幼稚園に差し上げたいですね。

大阪のおっちゃんさん、こんばんは(*^_^*)
コメントをありがとうございました♪

だるまに両目入って(^^)v
こちらもまだどんど焼き行われています
でも、いつも平日の昼間なので
全然写真撮れません^^;

残りのみかん、ど~すんの!って
夫婦で収穫をなすり付けあってます(笑)

の子さん、こんばんは
お近くで、どんど焼きを見ることがありますか?
やっぱ野の中で見るのが趣があります。
昔からの、日本らしい冬の風物詩ですね。

どんど焼き、なじみのある行事ですよね。
見かけなくなるのが寂しいですね。

鉄っちゃん、お早うございます
広角を使い何枚か撮りましたが
この一枚が一番好みに合いました、
鉄ちゃんの情報誌、どんな季節を載せますか?
またお知らせくださいね。

sirabisoさん、お早うございます
お近くで、どんど焼き、目にされることがありますか、
だんだんと少なくなって来てますね。
私もお札を挟んで来ましたが、とても日本を感じる風物詩だと思います。
神仏を敬う気持ちにもなりますね。

おはよう(^o^)/ございます
だるまを主役に円周魚楽しい一枚に
おいらの対角魚は春の桜から稼働でしょうかねえ(^_^;)

こんばんは。
長らくご無沙汰をして申し訳ありません^^;

魚眼レンズで撮られた、お炊き上げとても迫力がありますね♪
きっと大きな炎が上がって皆の願いも天に昇ったことでしょうね(^^)

hiro-photoさん、こんばんは
どんど焼き、目にすることはとても少ないと思います。
いつもの撮影フィールド里山の近くには二か所ばかりあります。
来年もあるかな?なんて心配してしまいます。
近くの小学校の校庭では毎年行われますが、野で焚き上げる趣とは
かなり違いますね、消防車待機なんて興ざめです。

こんばんは。
こちらでも、一度鏡川の河川敷でどんど焼きを写した事がありましたが、それが最初で最後になっています。
調べれば、各地で行われているかもしれませんが・・・、
日本古来からの行事は、出来る限り残し伝えていきたいものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/63475365

この記事へのトラックバック一覧です: 里山風物詩:

« 柔らかい白 | トップページ | 紅梅 »