最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 傘おどり | トップページ | 夏花を活ける »

序曲

軽く序曲が流れた、今夜の宴が始まる、

開始早々賑やかだ。

1_2

« 傘おどり | トップページ | 夏花を活ける »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

の子さん、お早うございます
>一度体験してみたいです。
是非々、普段撮ってる草花撮影とは、全く感覚が違います、
一度でいいですから体験されることを、お薦めします。

sirabisoさん、お早うございます
>山下画伯の長岡の花火の切絵
そうですね、花火大会の醍醐味を表現した名画ですね。
私の花火絵は、寄って撮ったものが多いです。

花火、今年も実物は見逃してしまいました。
私、花火を撮ったことないんですよ。
ワクワクドキドキしながらの花火、シャッター押すの忘れてしまうのではと思ってしまいます。
綺麗ですね。
一度体験してみたいです。

こんばんは。
夏の夜空に咲く大輪の光の花、写真を愛好する者達にとっては魅力的な被写体ですね。
残念ながら私はその機会に恵まれず一度も撮ったことがありません(^^;
花火で一番印象的なのは山下画伯の長岡の花火の切絵なのですが、本物を一度見てみたいものです。

hiro-photo さん、こんばんは
花火撮り、これも失敗の積み重ねのようにも思いますね、
それも一年に1度くらいの頻度ですから、次となると一年後、
毎年いくつもの会場を回る方は別ですが、
私にはこれくらいがちょうどです。

こんばんは。
花火を写すのは年に一度ですが、やはり周囲のざわめきや迫力のある音に、気分がイヤガウエニモ高揚してきますね、写すとなるとなかなか難しいものですが、次々に上がってくれますから質よりも量で写してしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/61428244

この記事へのトラックバック一覧です: 序曲:

« 傘おどり | トップページ | 夏花を活ける »