最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 古代蓮「即非蓮」 | トップページ | 挟間 »

花托

見事に焼きあがったプリン、

腕利きのシェフの作品を見る思いです。

これ、蓮の雌しべ、ポチポチと、茶色の焦げ目が受粉した証、

下のフサフサが雄しべ、虫さんに花粉を運んでもらいました。

21_2


« 古代蓮「即非蓮」 | トップページ | 挟間 »

自然」カテゴリの記事

コメント

鉄っちゃん、こんばんは
甲斐姫、古代蓮の新種なんですね、
鉄ちゃん、豪快に古代を表現してください、
待ってますよ~~!

こんばんわ
美味しいそうな焼きプリン
これは一度食べにいかないとですね
明日 甲斐姫のプリン食べに行きます^^

sirabisoさん、こんばんは
香りに誘われてカナブンがやって来ます、
この花粉のお味は絶品でしょう、贅沢な奴!!

マングース さん、こんばんは
本当に食べてみたくなる程の出来上がりです。
香りもいいですね、格調高いお香でしょうか。

hiro-photoさん、こんばんは
地下茎のレンコン、どうなってるのでしょう、
今まで考えたことがありませんでした。
蓮田や蓮池を訪れますが、レンコンを掘ってるのを見たことありませんね、
この機会に枯れるのを待って、その後の作業を観察したいものです。

こんばんは。
美味しそうなプリンが見事に焼き上がりましたね♪
腕利きのシェフと助手の虫さんの見事な作品ですね(^^)

こんばんは。
有名シェフのプリン、形も色も絶品ですね!
私は貧乏性なのでプッチンプリンくらいがちょうどいいです^^;

こんばんは。
ここで受粉して地下でレンコンが出来るのでしょうか・・・、なんだか不思議な気がしますね、今までは考えた事が有りませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/60588122

この記事へのトラックバック一覧です: 花托:

« 古代蓮「即非蓮」 | トップページ | 挟間 »