« 花弁を登る | トップページ | 綿毛模様 »

アセビ漂う

滴写真、習作-4

馬酔木、何を思って旅に出るのだろう、

さすらいもいいかもね(^o^)

1_2

« 花弁を登る | トップページ | 綿毛模様 »

」カテゴリの記事

コメント

鉄っちゃん、お早うございます
邪道と見ないで下さいね(^o^)
浅井美紀さんの、お写真を拝見し、
自分もセンスをぶつけて見たくなりました、
これも写真の楽しみ方でしょうか。

マングースさん、お早うございます
昨日、浅井美紀さんの写真集を取り寄せました。
写真制作過程も解説されてましたが、想像してたとうりで
まずは、一歩前進です。

おはよう(^o^)/ございます
馬酔木の旅に雫のお供
何処へ行くのか楽しみな旅になりそうです

こんばんは。
滴写真、だんだん進化してきましたね^^
滴が主役となったり脇役となったり。。。
どんな役でも存在感がむっちゃありますね♪

sirabisoさん、こんばんは
変な写真でごめんなさい、
もう試行錯誤の真っ最中、こんなものでご容赦下さい。

の子 さん、こんばんは
なかなか、思うようには行きません、
難しいな~~と、素直な感想です(^^;)

おはようございます。
水面に漂う水滴を乗せた花びら、とても美しいですね♪
どこに旅立とうとしているのでしょうか(^^)

哀愁漂う作品ですね。
すばらしいです。

hiro-photoさん、こんばんは
自作自演の世界でしょうか、
先が分かりません、やってみる価値を憶えてます。

こんばんは。
花ニラの次はあせびですか・・・、滴を追っての撮影も、被写体や周囲の環境が違えば楽しいものですね・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/59741952

この記事へのトラックバック一覧です: アセビ漂う:

« 花弁を登る | トップページ | 綿毛模様 »