最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 快晴 | トップページ | 薄紅色 »

素顔

冬の冨士、素顔に迫って見た。荒々しい。

比較対照物がないので、なかなかその大きさが伝わらない。

荒々しくも、とても美しく感じた。

11_2

« 快晴 | トップページ | 薄紅色 »

自然」カテゴリの記事

コメント

マングースさん、お早うございます
富士山は「眺める山」、とよく言われますね、
そのデザイン、スタイルは抜群、素晴らしいと思います。
しかし標高3,776m、今の山頂は氷りに包まれた極寒の世界でしょう。

sirabiso さん、お早うございます
ここ数日、お天気が悪いですが、快晴続きが冨士へと向かわせ、
そして新年、sirabiso さんの、冨士のお写真に魅せられ、冨士を撮りたい気持ちが高ぶりました。
この日はとってもラッキー、風も無く、空気も澄んで、楽に撮影を楽しめました。
勿論日没後に期待、日没後、気温は-3℃、山麓の冷え込みは厳しいですね。

こんばんは。
近づけば近づくほどその山肌の荒々しさがわかりますね。
けっして優しい山ではなさそうです。
登られた方ならその険しさも
身に染みてわかっておられるんでしょうね。

こんばんは。
遠目で見る富士山とは違うとても荒々しい姿ですね。
冬は晴天が多く空気も澄んでいるので富士山の撮影には最高ですね。
けれど山麓もかなり冷え込んでいるので寒さ対策が大変ですね。

hiro-photo さん、こんばんは
この場所は、富士山の中心から直線で10kmくらいでしょうか、
お山の西側に回り込みました、ぶっつけ本番の撮影です。
レンズは200mm+テレコン×Ⅱで400mmです、
お目当ては紅冨士、さて、どんな具合でしょう、次回を見て下さいね。

の子さん、こんばんは
真冬ならではの迫力でしょう、
冨士は見る場所によって姿、形が変わります。
今回の狙いは紅冨士、次回も見て下さいね(^o^)

こんばんは。
ストレートに真冬の富士山の姿を見ましたね・・・、何ミリで狙っているでしょう、迫力満点です。

ド!アップですね。
ここまで近寄ると富士とはわかりませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/58664145

この記事へのトラックバック一覧です: 素顔:

« 快晴 | トップページ | 薄紅色 »