最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« デザート | トップページ | 秋薔薇 »

管物菊

展示会場で、よく見かける菊、

管物菊(くだものぎく)、何とも硬い名前ですね。

細い管状の花びら? 先端がクルッと巻いてますね、

その間に巻いてない花びらが入ってる、これがポイントだそうですよ。

1

« デザート | トップページ | 秋薔薇 »

自然」カテゴリの記事

コメント

sirabiso さん、お早うございます
>細部に拘る日本人ならではの菊姿、盆栽や東洋蘭の世界と通じるものがありますね。
やはり職人さんの腕、匠の世界なんでしょうか、お目の高いsirabiso さんには、お分かりになるのですね。
今年は終わりましたが、来年はもっと心して拝見させて頂きます。

chihiro さん、お早うございます
 "花火菊"そうですね、とても分かり易い、
和の世界に通じますね。

こんばんは。
これぞ匠の技ですね!
細部に拘る日本人ならではの菊姿、盆栽や東洋蘭の世界と通じるものがありますね。

大阪のおっちゃんさん、こんばんは。
果物?(笑)
個人的には"花火菊"っていう名前にした方が日本的でしっくりとくるんですけどね~(笑)

の子さん、お早うございます
なかなか、こんな見事な菊、お家では作れませんね、
聞くところによりますと、展示が終わって片付けになると、
心ある作者の方は、菊を切って、どうぞ、と、下さるそうですよ、
一声、「欲しいな~~」って言ってみるのも、、、。それとなく (^o^)

smallsantaさん、お早うございます
>お花の見頃をもってくるのは大変でしょうね〜。
そうです、そうおっしゃってました。
これが腕の見せ所、大した物です!!

管物、どうしてこんな言い方するのでしょう、素晴らしいお花に似合いませんね。

マングースさん、お早うございます
こんな優雅な姿を持つ菊もあるものですね、
菊作りの名人、見応えがありました。

菊の中でもこの管物と呼ばれるのが好きなんですよ。
繊細な感じがいいですよね。

この展示会にちょうど合わせて
お花の見頃をもってくるのは大変でしょうね〜。
管物ですか。金物屋さんにありそうな・・・(爆笑)

こんばんは。
流れるような菊の花びら、
優雅なものですね^^
そういえばキク科のコウヤボウキの花びらも
先端がクルッと巻きますが、こちらは優雅と言うより
可愛いって言う感じです♪

hiro-photoさん、こんばんは
小菊の懸崖、ありました、
これは場所を取るので、なかなか大変でしょう、
丹念に手入れされた小菊の懸崖、見事ですね。

chiboさん、こんばん
管物、これを手がける方は、かなりの腕自慢の方だそうで、
そう、グーとパーの程良く入る、これ最高だそうですよ。

こんばんは。
展示会場での華の一つですね・・、大輪の一輪もの・・見事ですね、私は小菊の懸崖が好きですね・・・。

大坂のおっちゃんさん  管物菊=クダモノギク?=漢字の表現が好きなんです。
スーと伸びた管と先端が握り拳で混合が 出来の善し悪しですか?
  これで物知り一つ増えたよ~ 有難う御座いました。 ヨーシ管物探すぞ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/53929721

この記事へのトラックバック一覧です: 管物菊:

« デザート | トップページ | 秋薔薇 »