最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 八幡岬 | トップページ | 朝日と蝋梅 »

沖を行く

沖行く貨物船、今年の元日は房総沖でした。

1

« 八幡岬 | トップページ | 朝日と蝋梅 »

自然」カテゴリの記事

コメント

ぼんぼんさん、こんばんは
家内の親戚には船乗りが多くいます。
マグロ船、何kmもの延縄、大漁すると一昼夜寝ずに作業なんてざら、
半年も帰りません、タンカーは3ヶ月くらいでしょうか、
男ばかりなので、南洋では、すっぽんぽんで作業、なんて珍しくないそうですよ(笑い)

かのんさん、こんばんは
シメさんのお顔、歌舞伎役者の隈取りだったなんて、
なるほどと、感心してしまいました、役者が一枚上ですね!!

メジロさん、やっぱムクノキの実が大好物、
夢中でお口周りが果肉だらけ、小さなお子様がケーキを食べるみたい(^o^)
ラストの一枚はキャッチアイまで入ってお見事です。

印象的なお写真ですね!
何とも荘厳な、、、(@_@;)

房総沖は結構船の数が多いんですよね~
きっと東京湾や横浜港がらみなんでしょうね

長期海上生活の船員さん、どんな環境なんでしょう
退屈なのかな~? 忙しいのかな~? けっこう慣れちゃうのカナ~?
ちょっと興味ありです

こんにちは。
いつもありがとうございます。

シメは全長約19cmあるので良く食べますね^^
特徴のある嘴で堅い木の実など割って食べてしまうのです。
お顔は歌舞伎の隈取に似ているなぁといつも思っています^^;
今日は、メジロをアップしますけど食べ方が違いますね^^

chihiro さん、こんばんは
時折、岬の磯に大波がうち寄せます、
沖行く大船の横波でしょうか、太平洋の波は大きいですね。

マングースさん、こんばんは
お風邪が快方に、良かったです!!

沖行く貨物船、盆も、大晦日も、お正月もなくひたすら航海、
やがて房総も見えなくなるとき、冨士のお山だけが残るのでしょうね。

hiro-photoさん、こんばんは
土佐、桂浜からの初日の出、見事でしょうね!!
今年はいかがでしたか?

の子さん、こんばんは
やはり対岸がないと、大海原を感じます。
この向こうはハワイ、見えますか?(笑い

鉄っちゃん、こんばんは
ドラマチックな雲模様、太陽との共演です。
冨士のお山も美しく演出され、鉄ちゃんを喜ばせてくれますね。
荒川からの美しい冨士、いつもありがとうございます。

かのんさん、こんばんは
シメさん、喉元の黒がお洒落、きりっと引き締まって、
そして、とても頑丈そうな嘴、かなりの大食漢でしょうか、
おつむの金髪も決まってます!!

房総沖の貨物船、どこに向かうのでしょうか。
大晦日も、元旦もなくひたすら航海を続けてるのでしょうね、
航海のご安全を祈ります。

大阪のおっちゃんさん、こんばんは。
初日の出をバックに従える船。
漁船だったら、大漁間違いなさそうです!(笑)

こんばんは。
初日の出の後も素晴らしい景色が
続いていたようですね!
貨物船がいいアクセントになってます(^_-)
神々しい光に包まれた貨物船にも
今年はいいことがありそうですね^^

こんばんは。
房総の海、初日の出・・でしょうか、私の写す写真とはスケールが違いますね・・・。

雄大な海を見ながらの新年の朝。
限りない未来を感じられたことでしょうね。

素晴らしい感動をいただきました。

こんちわです
この雲の影響で富士山まだら模様でした
それでもドラマチックな感じになってくれましたよ
超望遠で船と光のカーテンだけでも写してみたいですね

こんにちは。
海を眺めながら新年を迎えられたのですね。
雄大な海からの日の出は心が清まる思いと感動に包まれたのでしょうね。

貨物船がシルエットになり、小波と雲と太陽のバランスに夢心地になりました。
海を見ながらのお正月は憧れです。
・・・感動はずっと心に残りますね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/48619275

この記事へのトラックバック一覧です: 沖を行く:

« 八幡岬 | トップページ | 朝日と蝋梅 »