最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« サイ象 | トップページ | 木守いが »

小粒柿

豊作です、今年も鈴生り、里山の名物です。

直径4~5cm、試食しました、野鳥も食べない、超、渋柿です。

1

« サイ象 | トップページ | 木守いが »

自然」カテゴリの記事

コメント

jam-une様、お早うございます
>柿の英語がない
さすが博学ですね、そうなんですか。

柿の実は、沢山実が付く年と、そうでない年が交互みたい、
なのにこの木は毎年鈴なり、高さも3mくらいで小さな木なんですよ。
満開って表現したくなるほど美しい実を沢山付けます。

オノマトベ、擬声語、擬態語の意味なんですね、
ありがとうございました<(_ _)>とても勉強になりました。

柿の色がなんとも綺麗でとても日本的な構図ですね。
柿の英語がないところをみるとやはりアジアにしか
できないものなのでしょうか?
林檎も好きですけれど、柿も大好きです(*^。^*)

mizuki-39さん、こんばんは
山梨の干し柿、もうシーズンが過ぎましたか?
見事な風景が醸し出されますね!!

>渋柿、食べちゃたんですか!
恐る恐る舌の先で、来た~~ッ!
小粒なのにその強烈なこと、渋、甘の見分け方ご存じですか?
ところで山梨の干し柿、やっぱ渋柿で作るのでしょうね、
教えて下さい。

chihiroさん、こんばんは
今、木に生ってるのは100%渋柿、
甘いのは皆さん、早々と収穫されてます。
地主さんも農地から宅地へと、時代の流れでしょうね。

smallsantaさん、こんばんは
渋抜きに焼酎、信州ではさらし柿、佐渡ではお樽柿、
呼び方が面白いですね、おっちゃんも大好きです。
今は渋柿まで手を掛ける農家もないのでしょう、勿体ないですね。

オレンジ色の柿が、空から降ってくるようですね!

渋柿、食べちゃたんですか!
口の中に、あの渋味が広がった時の感触は何とも言えませんよね。
私も子供の頃、かじった経験があります^^;;

大阪のおっちゃんさん、こんばんは。
渋柿、最近はそのまま落ちているのをよく見かけます。
我が家も昔は祖父母がよく作っていましたが、今は誰も作らなくなってしまいました。
っていうか、柿の木がいつの間にか無くなってしまいました(笑)

渋柿に焼酎を吹いて密封しておくと、美味しいさらし柿になります。
母の好物なんですよ。
最近は、木になったままの柿をたくさん見かけます。
もう、手をかけてまで食べる人も少ないですよね。

ぼんぼんさん、こんばんは
>とっても好きな写真です♪
ありがとうございます<(_ _)>
魚露目8号でも、きっと撮りたくなると思いますよ。
小粒の柿、ここでしか見あたりません、何て種類なんでしょうね、
朝日が届く頃の撮影でした。

hiro-photoさん、こんばんは
>そんなに渋いですか・・・・、
渋いなんてものではありませんでした。
これはタンニンの塊、見かけに寄らない、なんて、このことでした。

の子さん、こんばんは
お転婆なんですね、柿の木に登るなんて、枝が折れて
落っこちても懲りない女の子だったのですね(^o^)
田舎の柿の木、今年も超甘い秋の実りを宿してることでしょう。
心に残ってる柿の木なんて、素敵ですね。

マングースさん、こんばんは
>渋柿の渋で口の中はしばらく大変だったでしょうね^^;
たった一口、それも極少量、強烈な渋です、
歯医者さんの麻酔より利きました。 このチビ柿め!!って感じです。
でも撮らしてくれたから、許しました、 どっちが? ですね(^o^)

鉄っちゃん、こんばんは
柿毒に当てられました。
口卑しいおっちゃん、もう素晴らしいお味でした。

14mm f2.8 開放です。3D仕様ですね。

かのんさん、こんばんは
一口で食べられそうな小粒柿、誘惑に負け、つい試食、
お口いっぱいの渋、晩秋の味わいでした(^^;)

400・300mm単焦点+テレコン、素晴らしい解像力、
これを自由自在に、、、恐れ入りました<(_ _)>

見た目は「んまそう♪」なんだけどナァ~~^m^

いや、それ以上に奥行きある”鈴なり感”がスゴイっ
初冬の澄んだ空に広がる柿の実、そして枝、、、

これまた里山の情景が浮かびます
とっても好きな写真です♪

最近は柿も放置気味になってますね
今や世間に甘い物が溢れているからなぁ~

こんばんは。
美味しそうに見えますけど、そんなに渋いですか・・・・、木で熟すまで小鳥達にもお預けですね。

田舎を思い出します。
超甘い柿の木があったんです、この時期になると登ってとりました。
あの木どうしているだろう、いつも気になってます。

これは渋柿ですか、残念だなぁ。
柿大好きなんですよ。

おはようございます。
鈴なりの柿の実、心ひかれる里山の風景です♪
渋柿の渋で口の中はしばらく大変だったでしょうね^^;
こんな小さな柿だと干し柿にもできないですし、
見て楽しむくらいしかないですね(^^)

おはようございます

綺麗な色には毒があるみたいな(~_~;)
広角の解放でしょうか?
飛び出して見えますよ

おはようございます。
葉が落ちた鈴生りの柿を見た事がありますけど、晩秋の光景は癒されますね。
今にも落ちそうな葉が一枚入り、とても素敵な絵だと思います。
野鳥たちも渋柿と解るのですから、自然界とは奥が深いですね。

私のレンズは、400・300mmにテレコンを付けながら考えて撮っています。
いつも有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/48127925

この記事へのトラックバック一覧です: 小粒柿:

« サイ象 | トップページ | 木守いが »