最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 季節は巡る | トップページ | 蓮を活ける »

蓮のお宿

蓮の田に、沢山の蓮のお宿が出来ました。

中には可愛い孫達が元気げんき、大きくなってました。

1

« 季節は巡る | トップページ | 蓮を活ける »

自然」カテゴリの記事

コメント

sumiretti さん、こんばんは
ご無沙汰です、お元気でしたか?
今年は本当に暑い夏になりましたね、
雷鳴とともに、少し秋の気配ですね、この暑さももう少し
蓮田もすっかり秋モード、可愛い雛が育ってました(^o^)

>最近の若い親は遊びほうけて困りますね・・・
これも社会現象、そして政治も、どうすればいいのか、とにかく自分が
しっかりしないと、です。

きのうの雷雨が秋の空気をもたらしてくれました♪

蓮のお宿、面白い写真ですね!!
最初に見た時は、鳥のひながいっぱいと思いました。
親鳥だって、ひなを大きくするために口写しで食べ物を与えるのに
最近の若い親は遊びほうけて困りますね・・・

sirabisoさん、お早うございます
巧みの技、自然界は凄いですね!!
人間技なんか足元にも及ばない、なんて思うことが多いです。
小さな観察も楽しいですね。

smallsantaさん、お早うございます
小生の孫は4人、高一から6ヶ月まで、やっぱ6ヶ月が一番可愛いです。

今朝のこちらは(都下)猛烈なスコール、暑い夏ですね、
後少しの辛抱です。

去年の9月の初め、信州に伺い、初めてクジャクチョウを見つけました、
あの感動をもう一度、蕎麦畑の光景も。

こんばんは。
自然の創る造形は大きなものから小さなものまで巧みの技で成り立っていますね!
可愛い実たちを堅牢で安全な部屋で守っているようです(^^)

「可愛い孫達が」と、そえられた言葉に
優しいまなざしを感じます。

今年は・・・
蓮のお花、見ずに終わってしまいました。
あまりに暑かったので、出かけることすら忘れておりました。^^;;

chihiroさん、お早うございます
ここまで完熟すると堅いかな?
若い花托の実は充分頂けます、生でよし、煮てよし、
高級食材でしょう。

hiro-photoさん、おはようございます
こんな型のマンション、今の時代に売れそうですね!!

若い花托、完熟の花托、まだお花も、
そろそろ終焉の蓮田です。

ぼんぼんさん、お早うございます
はい、蓮の花托もこんな姿になって来ました。
インテリアに、、、自然の芸術には癒されますね、しかし
あのランプはいいな~~、秀逸の芸術でしょう!!

の子さん、お早うございます
>こうしててみると、不思議な光景ですよね。
でしょう、マクロの面白さですね、
思いっきり寄ってみるのも、時にはいいかも。

マングースさん、お早うございます
若い花托、完熟した花托、お花もまだありました。
そろそろ終焉の蓮田、あの蓮口も今はこんな姿です、小鳥の巣にも見えました。

鉄っちゃん、お早うございます
蓮の田、まだお花も残ってます、
花托もこんな黒いものもありました。
お花もいいど、種姿も又いいものですね。

大阪のおっちゃんさん、こんばんは。
この種って、食用になると聞いた事があります。
もちろん、食べた事はありませんが・・・(笑)

こんばんは。
蓮の花拓で輔・・・・中々面白い切り取り方ですね。
始めて見るアップのマンションですね・・・。

ハチの巣かと思った(@_@;)!!

あはは、良く見ればかわいい種さんでした~
もうコレが見られるシーズンになりましたね
「暑い暑い、、」を連発している今年ですが、季節は確実に進んでいってますネ

この子どもハウス、乾かすと良いインテリアになるんですよね♪
うちも近所でもらってきた(蓮田がいくつかあるんです)これを乾かして飾ってます(^^)
ググっと目を引くステキなお写真です!

こんなにアップで見ることがないのでびっくり!
しっかり育ってますね。
こうしててみると、不思議な光景ですよね。

来年が楽しみ~♪

こんにちは。

蓮の実たち、大きく育ってきて
旅立ちの用意も整った様子ですね(^_-)
この宿は居心地が良いのか稼働率100%!
風情がありませんがカプセルホテルを
思い出してしまいました^^;

おはよう( ´ ▽ ` )ノございます

蓮家のお孫さん達はスクスク成長して
間もなく巣立ちの時ですね
また来年美しい花々を咲かせてくれると
嬉しいですね(^-^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/46873488

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮のお宿:

« 季節は巡る | トップページ | 蓮を活ける »