最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

蓮のお宿

蓮の田に、沢山の蓮のお宿が出来ました。

中には可愛い孫達が元気げんき、大きくなってました。

1

季節は巡る

レンゲショウマ、今年も季節が巡って来ました。

檜原村、都民の森へ、

いつもの場所に1~2輪、人がいなくって好きなんです。

1

酷暑

何もかも溶けてしまいそうな酷暑、頭がもうろうとします。

11

ビーチライン

朝もや漂う渚、静かに打ち寄せる波、描くラインが美しい。

WBはタングステンにて。

1

マムシ草、今姿

マムシ草、陸中海岸では「蛇のお方」、と呼ぶそうな、

今はこんな姿をしてました。熟した実に大きなスズメバチ、

車の中に入り込まれ、恐怖の一瞬を味わいました。

1_3

1

漁具と夏草

この黄色は漁具、

若布やホヤの養殖に使うロープを海中に吊すための浮き。

季節が終わると陸に上げる、夏草が覆った、とても美しく感じた。

1

奇跡の一本松

被災した宮城、岩手のお盆に行って来ました。

仮設暮らしの親戚、家は流されなかったものの家族を亡くした親戚、

家も家族も失うことなく、復興需要に多忙を極める親戚、様々でした。

ぼつぼつと、新しい大きな建物が建つのが見られます、しかし全体的にはごくわずか。

今、流されて何も無くなった跡地には、夏草が生い茂り、まるで広大な草原になって

しまった場所もあります。

元の生活に戻れるのは、まだまだ先のことです。

1

霧の白樺林

霧に包まれた白樺林、このような光景に浸りたかった、

そしてモノクロで撮ってみたかった、思いが叶った。   

夏休み、一週間ばかりお休みさせて頂きます。

1_2 

古風に

遠くに白樺の林が見えた。

とにかく近づいて見る。待つこと2時間、霧が覆い始めた。

1_4

霧を求めて

二度目の赤城、少し霧も出て来た、

何か撮れそう。

1

空想、深海に潜る

水深300m、かすかな光から緑を蓄える、

ここにも命のドラマがある。花火海にて。

1_2

光の彩

光の混在、それぞれのリズムが面白い、

我が道を行く、光の彩です。

1

風せん花火

カラフルな風せん、

小さなロケットをお尻に付けて夜空に飛び出した、

子供達の歓声が上がった。

1

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »