最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 蹴鞠アジサイ | トップページ | 覚満淵 »

霧が晴れると

何の木だろう、蔦と共生?

もしかして、もう体中の養分が、すっかり奪われたのかも知れない。

どなたか、ご覧頂けたら、ご診断をお願い致します。

1

1_2

« 蹴鞠アジサイ | トップページ | 覚満淵 »

自然」カテゴリの記事

コメント

sirabisoさん、こんばんは
やっぱカラマツ林、ありがとうございます<(_ _)>
車を走らせてると、突然こんな光景が!!
勿論止めて観察、写真にするのが難しい、
まっ、記録写真でしょうか、全く不満足です(^o^)

ぼんぼんさん、こんばんは
山のこと何も知らないおっちゃん、こんな光景に出会うと
急ブレーキが働きます、突然こんな光景が現れるのです。
撮りたい!! とね。

手入れが行き届かないとこんな光景になるのですね、なるほど。

こんばんは。
風景からさっすると落葉松林のようですが、元気の良い蔦が絡まっていますね。
きっと秋の紅葉は見事なことでしょうね!

幻想的な光景です!
林の奥から ”白い鹿”とかが出てきそうな雰囲気~

この蔓草、うちの山でも良く見かけます
熱帯地方の 絞殺し植物 とは違い、直接の攻撃はしないと思いますが、樹の頭上にまで展開する蔓の株が多少はあり、そうなると良い影響は無いですネ(@_@;) (樹の方がこれだけ大きければ、致命的、、という程でも無いかも知れませんが)

山林の手入れが行き届いていた昔では考えられない光景です
でもこれはこれでキレイですね!

の子さん、お早うございます
霧と白樺を求めて赤城の山へ、その道中、目にした光景です。
ロケハン不足でイメージした風景に出会うことが出来ませんでしたが、
濃淡の激しい霧の流れに翻弄されました。

マングースさん、お早うございます
カラマツでしたか、延々と続くカラマツ林の中、突然このような場所が現れ、
300mくらい四方でしょうか、不思議な光景に思い撮影しました。
すっかりツタに生命を奪われた木かと思いましたが、
ツタがちよっと足場をお借りしただけだったのですね。
そう、紅葉の頃が見事でしょうね。

いやぁ~、私から見れば美しい!の一言です。

1枚目の霧がかった幻想的な雰囲気が好きです。

こんばんは。

すごいツタの勢いですね~。
秋の紅葉がすごそうです!
ツタがヤドリギのように樹の組織に食い込んで
栄養をとる事はないと思います。
樹を弱らせるとすると葉っぱの上まで伸びていって
日光を奪うようになったときでしょうかね~。

この樹はカラマツのようにも見えますが
どうなんでしょうか。。。

hiro-photoさん、こんばんは
これも一つの生存競争でしょうか、
森林の面白い一面を見た感じ、山の持ち主さんは
なんとおっしゃるのでしょう。

鉄っちゃん、こんばんは
赤城山の登り途中にありました。
きっと蔦の勝ちですね、
見る側は、美しく感じてしまったのですが。

こんばんは。
コレだけ蔦に絡まれたら共生どころでは有りませんね、絞め殺されてしまいそうです・・・。
絵としては面白いですね。

おはよう( ´ ▽ ` )ノです

霧の森幻想的です
蔦が絡まるこの木ななんでしょう?
おいらも知りたいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/46267038

この記事へのトラックバック一覧です: 霧が晴れると:

« 蹴鞠アジサイ | トップページ | 覚満淵 »