最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 春芽 | トップページ | ひと枝 »

桃畑の丘

初めて見る桃の畑、一面がピンクの絨毯、

あの美味しい桃の故郷なんだ。 その名を桃源郷と言う。

1

« 春芽 | トップページ | ひと枝 »

自然」カテゴリの記事

コメント

sirabisoさん、こんばんは
初めて訪れてみました、
一度は目にしないと、、、、、の思いで。
桜とは一味違う桃色ですね、
桃源郷、肌身で感じて参りました。
しかし写真はとても難儀、技量の低さを痛感してしまいました(^_^;)

こんばんは。
優しい桃色の景色、本当に心が穏やかになりますね!
私もここへは行ったことがありましたが、遠くから見ると一帯がピンク色に染まってまさに桃源郷ですね(^^)

マングースさん、お早うございます
桃のお花、初めて側で眺めました。
 "たわわに実ったモモの花" が、ご名答で、とても豊かなお花でした。
寄りの撮影は手も足も出なかったのが本音です。
引きで何枚か撮って来ました。

の子さん、お早うございます
桃源郷、今この時期しか眺めることが出来ませんね、
初めて訪れてみました。
百聞は一見に如かず、です。
ただ、ネイチャー的に写真にするのが難しいな~~が感想です。

こんばんは。

桃は見て良し、食べて良しですね!
たわわに実ったモモの花、美しいです♪

大好きな桃。
早く実らないかな~。

ピンクの絨毯の桃源郷、一度は出かけてみたいと思ってます。

ぼんぼんさん、こんばんは
山梨には、葡萄園に親しい方がいます。
そこのお家の方に桃をご馳走になったことがあります、
日頃食べてる、あの皮がす~~と剥ける柔らかい桃、
あれはまったく桃ではないとおっしゃる、カリカリ、パリッ!!
と食べるのが本物とのこと、本物をご馳走になり、なるほど、
と思うくらい美味しい桃を頂きました。

hiro-photoさん、こんばんは
ここ山梨は、ぶどうと桃、
不思議なことに、葡萄の集落と桃の集落がはっきり分かれてますね、
何か意味がありそう、桜にない桃色に魅せられて来ました。
畑の周囲には高圧電流の囲いがあり、人より、
熊除けのバリアが張り巡らしてありました。やたら「熊に注意」の看板が
目につきました。

かのんさん、こんばんは
とても珍しい台湾の国鳥、ありがとうございました。
こちらは桜ではない桃色を見たくって、山梨に行って来ました。
よくご存じの一宮、初めてのことで行き当たりばったり、
引きの写真に終始してしまい、
桃の写真はとても難しいと感じてしまいました。

そっか! 桃の花の時期が近づいてますよね
桃源郷。。。 昔の中国では”仙人になれる桃”みたいのがあったんでしたっけ?(うろ覚え)

この時期に甲府近辺に行くと、こんなお写真の様な素敵な桃源郷を目にしますよね

風邪の時にだけ出てきた”桃缶”の美味しさを思い出しました
(なぜか缶詰というところが。。。笑)

こんばんは。
このあたり一面桃畑ですか・・・、赤やピンクの花がバックの緑とマッチして綺麗な景色になっていますね・・・、秋に夏と大きな桃が・・、何だかタダで貰えそうですね。

おはようございます。

春芽から桃の花・・心が豊かになる光景ですね。
一度行ったことがありますけど、生産量日本一だけの事がありますね。
本当に、一面がピンクの絨毯ですね~
自然の大パノラマに魅了されました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/45003403

この記事へのトラックバック一覧です: 桃畑の丘:

« 春芽 | トップページ | ひと枝 »