最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 春の詩 | トップページ | 蓮の冬眠 »

不思議な氷り

田に浮遊した氷り、何でしょうこの形、

どうしてこんなことに? 形成の謎が深まるばかりです。

1

« 春の詩 | トップページ | 蓮の冬眠 »

自然」カテゴリの記事

コメント

かのん さん、こんばんは
何処にいても心が動くものに視線が動きます、
「写真にならないかな~~」、が自然体です。
絵が出来た時が一番嬉しくなります、
勿論コメント頂けることが一番励みになりますね、今日もありがとう、と感謝です。

まりこ さん、ご訪問ありがとうございます
推察する限り、とてもお若い感じです、
おっちゃやんは1941生まれ、お相手になれそうにありません、ごめんなさい。

こんばんは。
いつもながら視点の素晴らしさに感動しています。
開いた瞬間、地図だーと思いました(笑
自然の美は人間値では計り知れない芸術作品ですね。
それを見逃さない大阪のおっちゃんさんも素晴らしいです。

大阪のおっちやんさんのブログ楽しくて結構チェックしてるんですよ(°∀°)b 実は読者なんです(笑)普段はあんまりコメントとかしないほうなんだけど(照)見てるだけなのもアレかなって思ってメッセしてみました(笑)大阪のおっちやんさんに仲良くしてもらえたら嬉しいです(^ε^)一応わたしのメアド載せておくので良かったらお暇なときにでもメールくださいo(〃^▽^〃)oココログやってないからメールしてもらえたら嬉しいです(°∀°)b まってるねえ(o^-')b

マングースさん、お早うございます
氷の底力、面白いことしますね、
冬ならの造形、もっと出会ってみたくなります、
いつもの里山ですが、出かける都度、新しい出会いがあります。

こんばんは!

不思議な氷の造形物ですね^^
こういうものを見るとすぐ”どうして?”、”どうやって?”
”なんで?”と考えてしまいます。
もともと張っていた薄い氷が霜柱に持ち上げられたという
方に一票入れたいです(^o^)

の子さん、こんばんは

>田んぼに地図が出現してましたか
はい、地図に見えたらコピーしましょう、領土なんかいくらでも広げられます、
お隣のお国さん、細かいこと言はないでね。

そろそろ里山観察はいかがですか、教材、探せばいくらでもありますよ、
素通りは駄目です、じっと穴のあくほど探して下さい。

sirabisoさん、こんばんは
稲の切り株の上に、ちょこんと乗ってました。
切り株も霜柱に持ち上げられてボコボコ、そこを足場に撮ってました。

sugataさん、はじめまして
たこ焼きお上手ですね、ワインで頂くなんて "通" ですわ、
おっちゃんはやっぱすき焼き、家内に勝てるのはこれくらいです。

里山の新地図、国土が広くなりました、中国、韓国、細かいこといわんでよろし。

ぼんぼんさん、こんばんは
ここの裏山から湧き水が流れ込んで来ます。
水位の高い時に氷りが張り、見回りのおじさんが水を抜いたから
氷りだけが残った、これ鑑識のお話です。
もう一寒波、まだ氷りが撮れるかな。

里山は自然の宝庫ですね。
田んぼに地図が出現してましたか。
今日の社会科の授業の生徒さんはどなただったんでしょうね。
かなり寒そうだけど、私も一緒にお勉強したかったな。

mizuki-39さん、こんばんは
薄い氷りだけが取り残されたようです。
この辺りは湧き水が多く、湿地です、湧き水の量に関係がありそう。
見回りの方が田の水を抜いたのかも知れませんね。

Sippo☆さん、こんばんは
 "一反もめん"に見えましたか、里山には妖怪達が大勢です、
まるで妖怪列島のようでしたよ、
バリバリ、妖怪の悲鳴のようでもありました。

hiro-photoさん、こんばんは
ハ~~イッ、天才バカボンでございます。
好奇心だけは旺盛、問題は写真に出来るかどうかが問題なんです。

鉄ちゃん、こんばんは
浮いてる、浮いてる、薄っぺらい氷りが空中に浮いてます。
水が張ってる時に凍りついて、水が引けて取りのこされたってことですか、
田の切り株まで霜柱に持ち上げられ、とても冷え込んだのでしょうね。

野鳥撮り、PHS換算だとテレコン入れて800mmかそれ以上ってことですね、
やっぱ超望遠の世界ですね。ありがとうございました。

こんばんは。
霜柱に持ち上げられたのでしょうか!
本当に不思議な氷の造形ですね(^^)

まるで地図みたいですね!
自然の神秘、おもしろいです。

にゃんだコレ~(@_@;)
見事に浮いてますね。。。

この氷が出来た時は水位が高かった??
んん~ 冬の水田にそこまで水が貯まるかなぁ??

原因はともあれ
相変わらずの観察眼! こんな発見も楽しい~
里山歩きの醍醐味の1つですネ♪
ここのところ暖かでしたが、また冬が戻ってくるらしいです ぶるぶる。。。

こんな氷の造形を見られるのも、
冬の楽しみですね。
なんで浮遊してるんでしょう~?不思議^^

本当だ、浮かんでますね~。
なんらかの現象、結果なのでしょうが、一体何がどうなったのやら???
一反もめんに聞いてみたいです(*^-^*)

こんばんは。
自然は天才的な芸術家ですから、人の思考をはるかに超えた創造力が働いているのでしょうね・・・。
芸術品をこうして見つけ出す"大阪のおっちゃん"も、天才の素質があるのでしょうね・・・・。

おはよう( ´ ▽ ` )ノございます

オイラもジョギングで見かけます
浮いてるのですよねえ
不思議だすね

野鳥さんは40Dあたりの中古と300F4と純正1.4あたりがあれば都内の公園なら間に合います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/44027218

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な氷り:

« 春の詩 | トップページ | 蓮の冬眠 »