最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 宇宙からの使者 | トップページ | 氷龍 »

寒中お見舞い申し上げます

奥多摩、払沢の滝(ほっさわのたき)が氷結、

時折氷瀑が鈍い音をとどろかせ、崩れ落ちる。

さて今年の完全氷結なるか、たのしみの一つです。

1

« 宇宙からの使者 | トップページ | 氷龍 »

自然」カテゴリの記事

コメント

chihiro さん、お早うございます
>寒い中、撮影に出かけた者だけが出会える冬の楽しみです!
そうですね、この滝も寒さ次第で様子が変わります、
下の滝壺も落下した氷でかなり埋まってます、丁度良いときに撮影出来たかな、と思ってます。

マングースさん、お早うございます
都心から30Kmくらいの奥多摩、毎年感じますが
岩手陸中方面と同じくらいの季節感があります。
風があると、とても寒いですが、雪もそんなに積もりません。
この滝の氷瀑は有名なんですよ、全面結氷なるかどうか、毎年紙面を賑わせます。

大阪のおっちゃんさん、こんばんは。
寒そうです(笑)
完全凍結が楽しみです。
寒い中、撮影に出かけた者だけが出会える冬の楽しみです!

こんばんは。

氷の世界の動と静、明と暗という対比が美しく表現されていますね^^
近くにこのような場面を撮れる場所もないのでここで楽しませてもらいます(^o^)

mizuki-39さん、こんばんは
>ちょっと、、足を滑らせたら怖そうですね~
mizuki-39さんがよくハイキングされる程度の場所です、
足場が良く、全然平気ですよ。
山梨にはこんな場所が沢山あることでしょね、
近いうちに探検しようかな~~、今年は氷りを撮って見たいのです。

氷の芸術、美しいですね~!
凍てつく寒さが伝わってきます。
ちょっと、、足を滑らせたら怖そうですね~
よく奥多摩方面に行かれるのですね、
四季折々の表情を拝見するのが楽しみです!

の子さん、お早うございます
今日は初雪になりましたね、お仕事があるので撮りに行けません、
払沢の滝、行ったことありますか?足場が至って良いので気が向いたらお出かけ下さい。

sirabisoさん、お早うございます
払沢の滝、丁度撮り頃に凍ってました。
寒さが進むと氷塊になってしまいますね、さて今年は完全結氷になるでしょうか。

おぉー!氷柱だ。
凍ってますね。
氷の世界、うまく表現されていますね。
寒さが伝わってきますよ。

こんばんは。
美しい氷の芸術ですね!
日陰でも撮影でなおさら氷の冷たさが表れているようですね。
払沢の滝は浅間嶺を歩く時にいつもスルーしてまうのですが、いつか寄ってみようと思います。

hiro-photo さん、こんばんは
見た目より寒くありません、
夜中はかなり気温が下がるのでしょう、
まだまだこれからが見頃を迎えそうです。

Sippo☆さん、こんばんは
奥多摩でもこんな氷瀑観察出来ますね、
今は凍っては落ち、凍っては落ちの繰り返しでしょうか、
ぐっと冷え込めば完全結氷、その前が撮り頃でしょうか。

ぼんぼんさん、こんばんは
奥多摩、凍ってました。
でもね、ここ払沢の滝は足場が良く、スカート、ハイヒールでもOKですよ、
おっちゃんが行くのですから、、、。

>崩れ落ちるシーン 見たいっ!!
滝壺が氷りで満タンになるまでがチャンスかな、突然崩れ落ちるので
予期できませんね。

こんばんは。
氷の花が咲いていますね・・・・、身震いしてしまいそうなくらい冷たく感じます。
私は1月生まれですが、寒いのは苦手です、こんな場所には行けませんね。

鉄っちゃん、こんばんは
秩父、秩父夜祭りを思い出しました。
寒い所ですね、氷瀑の凄いところがあるのですか、
ここは檜原村、役場から5分くらいです。
ハイヒールとスカートで行けますよ。嘘ではありません。

見事な氷の世界となっていますね・・!
奥多摩ですか。
今年の冬は本当に寒いから、期待できそう☆
週末、雨模様だから、その次の週末あたり・・・期待かな(≧∇≦)

カッコいいな~!! 写真でもこの迫力
目の前で見たら、さらに息を飲む光景なんでしょうね

何だか”非日常”を強く感じます(^^)

崩れ落ちるシーン 見たいっ!! どんなだろう。。。

首都圏や千葉は、冬でもそんなに劇的な風景は少ないかも知れません
やっぱり遠征しなくっちゃ ですネ♪

おはよう( ´ ▽ ` )ノございます

秩父にも凍りつく滝があります
こういう光景たじろぎます
しっかりした装備でいかないとと
思ってるので(^^;;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/43797700

この記事へのトラックバック一覧です: 寒中お見舞い申し上げます:

« 宇宙からの使者 | トップページ | 氷龍 »