最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 元日のオーロラ | トップページ | 冬の里山 »

希 望

昨年は大変な年だった、皆、生死をさまよった、そして頑張った。

辛い時はいつまでも続かないはずだ。

1

« 元日のオーロラ | トップページ | 冬の里山 »

自然」カテゴリの記事

コメント

Sippo☆さん、こんばんは
陸前高田の一本松、枯れて命は尽きましたが
松ぽっくりの種が育ってます、枝も接ぎ木をして育ってます、
家内の実家の海に一艘もなかった舟が、今、十艘にも、、、
海が迎えてくれるのですね、共生なくしては生きて行けません。

chihiro さん、こんばんは
>今よりはマシ! 希望を憶えます、
慌てず、休まず、根性で生きていくのでしょう。

sirabisoさん、こんばんは
今年は、田舎への賀状は控えました。
でも田舎からは届きました、
数こそ少ないですが決して落ち込んでなんかいません、
三陸の根性の逞しさが心に滲みました。

mizuki-39さん、こちらこそ明けましておめでとうございます
新年はどちらでお迎えでしょうか、
初日の出は霞ヶ浦まで足を延ばしましたが生憎でした。
"元日のオーロラ"は対岸の明かりです。

自然の色が、物語り 励ましてくれているようです。
枯れ葉ですら、生きている
その心を汲んで 伝えて
人間だって、自然の一部なのだから・・・
がんばりましょう。

大阪のおっちゃんさん、こんばんは。
そうですね、こんな時期が続いたら大変なことになっちゃいます。
何があっても、今よりはマシ!って思えばきっと乗り越えられるかもね!

こんばんは。
そうですね、辛いさ時はさほど長く続かないと思います。
良い年を願うばかりです!
                         

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

「元日のオーロラ」とっても美しいですね~♪
今年も大阪のおっちゃんのお写真、楽しみにしています!

hiro-photoさん、お早うございます
被災者が自らで立ち上がって行く、そんな気がしてます。
支援が後から追っかけてる、それが現状でしょうね、
海に戻るしかない、被災者のおおかたの人はそう思ってます。
津波の去った海は昔からの海なんです、なにも変わりがありません。

こんばんは。
災害に遭った事が無いので、本当の苦労が分かりませんが、皆さん必死で生きていこうとされているのでしょうね・・・。
将来に一筋の光明でも見えれば、苦労のし甲斐も有ると言うものです。
まだこれから寒さも厳しくなりますが、明るくて暖かい春の到来を待っている新芽でしょうね・・・。

の子さん、こんばんは
光、とても神秘で力があります、
これを捕まえるのが至難ですね、上手く捕らえると嬉しくなります、
美しい光を求めて今年も楽しみましょう。

鉄ちゃん、こんばんは
東洋大強いね!! 鉄ちゃんの母校かな、
皆元気をもらいましたね、福島の根性も見せてもらいました。
2012頑張ろうね!!

マングースさん、こんばんは
家内は東北陸中海岸のひとです、
去年は悲しい年でした。二度ばかり東北に行きました。
生き残った人達は悲しい顔は誰一人見せません、東北の人って皆そんな人なんです。

今年は平穏な日々であってほしいですね。

美しい光です。
まさに希望があふれていますね。

こんにちわ

昨年はビルの中で崩れるかという恐怖を味わいました
生きてることに感謝しながら2012ですわー

寒く厳しい冬を迎え葉を落とした植物たちも
じっと耐えながら春に向かって新しい芽を準備しています。

春になればその芽は一気に開きます^^

辛い時もいつまでも続かない、春は来ますよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/43603139

この記事へのトラックバック一覧です: 希 望:

« 元日のオーロラ | トップページ | 冬の里山 »