最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 一輪を活ける | トップページ | 寒中お見舞い申し上げます »

宇宙からの使者

ぐっと冷え込んだ深夜、

その宇宙船は音もなく地球へと降り立った。

1_3

« 一輪を活ける | トップページ | 寒中お見舞い申し上げます »

自然」カテゴリの記事

コメント

しまじろうさん、おはようございます
埼玉でしたか、お隣同志ですね、
埼玉で感動したこと、初めて国蝶のオオムラサキに会えたことです。
思い出は秩父夜祭り、12/1でしたね。

こんばんは
私は、埼玉県ののんびりしてる所です!
今日は雨でしたが、風も吹いてて寒かったです。

しまじろうさん、お早うございます
不思議の国にお連れ出来てとても嬉しいです。
これ感性の触れ合いなんでしょうね、ありがとうございます。
しまじろうさんの発信基地は? 差し支えなかったら教えて下さい。

こんばんは★

すてきな写真ですねー(*^^*)
そして不思議な写真です。
吸い込まれそう!!!

今日は、私のところでは雪が降りました。
寒かったです(。>0<。)


jam-une様、お早うございます
更新が滞ってるので心配してましたよ、
お元気でなにより、今年も宜しくお願い致します。

宇宙を釣り上げる、どんなブラックホールでしょう、
そんな壮大な写真が出来たらどうしょう、なんて夢のまた夢、
想像の世界はどこにでも行けますね。
おっちゃんの宇宙船は頭の中、
「後は全てここに入ってる」と額をコツコツと叩いてみたいものです。

こんばんわ。
年末から仕事に追われ、ブログをおやすみしてました。
遅まきながら、今年もよろしくお願いいたします(^'^)

本当に宇宙のかなたかと思いました。
宇宙を釣り上げた未確認飛行物体は、そのまま又
どこかの星に流れていくのでしょうか?
それとも、おっちゃんのおうちのクローゼットの中に
今でも居候しているのでしょうか?(~_~)

chihiro さん、こんばんは
冬の絵作り、楽しんでます。
偕楽園も梅の開花が、これからが楽しみですね、
皆さん安心してお出かけ下さい。

大阪のおっちゃんさん、こんばんは。
凍りついた水溜り、結構絵になります。
夢中になると他の被写体を撮るのを忘れそうになります(笑)
偕楽園、一部の梅が開花したようです。
咲く時期がずれた梅がたくさんあるので、一か月以上は梅の花撮影が楽しめそうです。

の子さん、お早うございます
里山の田の氷り、おっちゃん乗っても大丈夫、の子さん乗っても絶対割れません。
乗っかった葉っぱ、閉じこめられた葉っぱ、自然の見せる遊び心、とても楽しいものです。

マングースさん、お早うございます
冬芽、葉痕、花芽、葉芽、貴重なお写真拝見しております。
おっちゃんは、無い頭の中は写真のことでで一杯いっぱい、創れた時がとても嬉しいですね。

hiro-photoさん、お早うございます
面白く撮ったはいいけど、タイトルに困ります。
見て頂いて、それぞれに想像して頂く、とても嬉しいことです、ありがとうございます。

てるえさん、お早うございます
伊豆は春、菜の花が満開、てるえさんの大好きな春は目の前、
一足早い春模様をありがとうございます。

おっちゃんは冬撮りに集中、撮ってると寒さは全く感じません、馬鹿ですね。

鉄ちゃん、お早うございます
冷え込んだ朝、里山の田を歩くと、こんな被写体が落ちてました。
自然の作る造形、とても面白いですね。

ほんとに宇宙を感じさせますね。

かなり冷え込んだんですね。
見ているだけで体が冷えてきました。

こんばんは。

かなり冷え込んだ朝を迎えたようですね。

一枚の落ち葉に宇宙を感じ取る、、、
そんな感性を見習わせてもらいたいです^^

こんばんは。
UFOですか・・・、見方によってはいろんな物に見えてきますね、想像力を働かせての一枚・・・、見習う所が有ります。

こんにちは~~大阪のおっちゃん♪

わぁ~~~氷に閉じ込められた一葉 宇宙からの使者でしょうか (*^^)v
おっしゃるように季節を撮る 目の付け所 視点はお勉強になりました・・♪

おはよう( ´ ▽ ` )ノございます

これは面白いですね
落ち葉が宇宙船で凍りついた水が宇宙
参考になりましたm(._.)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/43774038

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙からの使者:

« 一輪を活ける | トップページ | 寒中お見舞い申し上げます »