« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

鈴なり

みしらずの柿とはこのことか、と思うほど鈴なりの柿、

そんな季節を迎えてます。

1

天高く

天高く馬肥ゆる秋、食欲も高くなりました(笑い)

ふと空を見上げると美しい鱗雲、急いで近くのポジションへ、

時すでに遅し、あれよあれよ、とい言う間に雲行きが変わってしまいました。残念。

1

うるおう秋Ⅱ

 ↓に6秒の露光をかけながら、奥にピントを移動させました。

露光間のフォーカス移動です。

日陰の日中で、F2.8 の開放、ISO100、で6秒の露光がとれる ND400 は面白いです。

1

うるおう秋

秋の深まりを憶える秋バラ、

美しいバラから漂う芳香は、甘く高貴に感じる。

1

ウラナミシジミ

夕方、枯れた雑草に止まったこの子を見つけた。

少し気温が下がったためか触れても飛ばない、

そうだ、冬が近づいてる、そろそろお別れだね。

1

暮れ落ちる

日没後30分、夕焼けのクライマックスを迎えます。

UFOみたいな浮き雲が赤く染まり、遠くの冨士も静かに暮れ落ちて行きました。

この日は久しぶりに幸せな気分に浸りました。

1

秋の夕陽

波立つ海、岩礁に打ちつける波しぶき、男らしくとても美しく思い

陽が暮れ落ちるまで眺めてました。

1

青空に描く

青空一杯に描く、あのトンビのように描きたい!!

1

散光

秋ですね~~。こんな光景に出会うと何となく物思いに耽りそう、

やっぱ秋ですね~~。

1

カマキリ君、西日を受けて獲物待ち、さて今夜のご馳走は。

1

復興へと

復興へと、美しい三陸の海は静かな元の姿を見せてくれます。

でも壊れた堤防の内側には、まだまだがれきの山、もう半年が過ぎました。

震災にもめげず、新しいカップルの誕生、甥の結婚式に行って来ました。

1_5

1_6  1_7

秋バラの序曲

小、バラ園を散策、秋バラの序曲が始まってました。

1

アカボシゴマダラ蝶

どうやら外来種のようで、本来は奄美大島のみに生息する種だったようです。

どなたかが関東で亜種を放蝶、その勢力をのばし

在来種のマダラ蝶のテリトリーをおびやかしてるようです。負けるなマダラ蝶!!

1

早い夕食

秋の夕陽は土手の向こう、今夜の夕餉は美食のアザミ、

あした天気にな~~れ。

1

秋へと

名も知らないちいさなお花、きっと秋への入り口かな。

1

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »