最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

思い出のグラス

あのときシェフにお願いしてこのグラスを頂いた。

忘れることの出来ない思い出が一杯、時々安いワインで満たしてます。

1

軽くワインを

時々ワインを頂くことがあります。味なんて全く無頓着でした。

ところが先日ドイツワインをご馳走になってびっくり、とても口にあったのです。

きっと高いワインだったのではと、、、 美味しかった!!

1

春爛漫

久しぶりの快晴、昭和記念公園にて野外教室、

満開のチューリップに囲まれて来ました。

1

可愛い香り

どこからともなく春の香りが、、、いいですね春は。

いろんなお花が一斉に咲き始め、それぞれに謳歌してます。

1

ひょうたん島

ここは何処でしょう? ひょうたん島を見つけました。

1

白い玉座

タイトルはいいが変な写真、まっ、いいか!!

1_8

イエローハット

こんな派手な帽子は最近見ない、そう自粛モードに陥ってるもんね、

でも黄色ってビタミンカラー、元気がでるよ!!

1

カタクリの季節

1

カタクリの季節、いつのまにかそんな季節を迎えてました。東日本大震災のあと

連日のテレビ報道に涙したり、心を痛めておりました。今、被災地にも、ある種の

落ち着きを取り戻してます。三陸の人達は、これだけの津波被害を受けても

海へのつき合いかたは全く変わらないと思います。

「流されてもいい、又建てればいいんだ」と、海との生活再開に向けて人々の心は

動いてます。技術の粋を集めて作られたスーパー防潮堤は、いとも簡単に

破壊されました。原発も同じです。計り知れない大自然の力、、、神なんでしょうね。

国が早くも描いてる復興の計画には、三陸の人達の、海との関わりの心は

読み込まれないと思います。お上意識しか伝わって来ない国の様子には

落胆するばかりです。でも三陸の人達は海の幸を食べながら昔から生きながらえて

来ました。国の支援は有り難いですが、そんなことに大きな期待など持っていない

と思います。一瞬にして昔の生活に押し戻された驚きは隠せませんが

トイレットペーパーが手に入らなくても、竹べらで用を足す生活が出来るのです。

神とともに暮らして来た三陸の人達にとっては、津波とは親戚みたいなものです。

みちのくにも春がやって来ました、こぶしやカタクリの花が咲くでしょう。

又ブログを再開しました。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »