最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« さざ波 | トップページ | 置き手紙 »

奈落

奈落に落ちた、ここから上がれるか?

それは精進次第だな、喝!!

1

« さざ波 | トップページ | 置き手紙 »

自然」カテゴリの記事

コメント

hiro-photoさん、こんばんは
変な写真でごめんなさい、ここは只の田圃の畦、
トップライトなので畦の影が面白く、ハイライトを飛ばしました。
雪がなければ写真にはなりません。

鉄ちゃん、こんばんは
そんなこと昔あったのですか、辛い思い出ですね、
はい上がることが出来たのは、何だったのでしょう、
あの日がいつも勇気づけてくれますね。

こんばんは。
崖の上から谷底を覗いている感じで、チョット怖いですね。
実際には、どんな状態の場所でしょうね・・・。

おはようございます
交通事故で半年入院で新入社員のオイラは皆に置いてかれた感を感じ辛かったですね。

Sippo☆さん、こんばんは
>落ちても、落ちても 這い上がる
そんな経験お有りでしょうか?
一度は落ちないと極楽は見えないものでしょうか、
精進は難しい。
悟りを開いたSippo☆さん、見習いたいものです。

chihiroさん、こんばんは
写真もスランプに入るとこんな感じかな?
出来ない時は出来ない、開き直りも時にはいいかも。

こちらBC、ぼんぼんさん、感度とれますか?
もうベースキャンプに戻る余裕は有りません、日没までに
正面氷壁を直登して下さい。時間は三時間、退路を断ってください。
>「ベースキャンプ聞こえるか?! 只今からアタックを開始する!!」 
BC「了解、安全を祈る」、
こうしてぼんぼんアタック隊は氷壁を直登、稜線に立った隊員は素晴らしい
夕陽を目にすることが出来た。やれば出来るのだ、男達はそう思った。

の子さん、こんばんは
白湯にもがく餓鬼、生きるも死ぬも自分次第、
精進すれば芽がでます。

こんばんは!
落ちても、落ちても 這い上がる
左側の流れが上昇気流を物語っていますね!
頑張ろう(^0^)/

真っ白でキレイな奈落!
ここなら落ちても気分が良さそう(笑)
でも、真白は上辺だけ!
もがけばもがくほど泥色に染まる。
奈落って、そんなところでしょうかね!

サミットテントに残った食料は1日分、非常食でもたせても3日が精一杯だ、、、

目の前は未踏の絶壁
隊員の体力も限界だ サァ、進むべきか退くべきか

決まっている!
俺たちはアイゼンをしっかり靴に結び、ピッケルを握りしめた

「ベースキャンプ聞こえるか?! 只今からアタックを開始する!!」 

こんにちは~。

精進あるのみ、耳が痛いです。
私も‘渇’いただいときます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/38966879

この記事へのトラックバック一覧です: 奈落:

« さざ波 | トップページ | 置き手紙 »