最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 七里ヶ浜 | トップページ | 自然流 »

金砂

寄せては返し、冬の朝日を浴びて金色に輝く渚。

何度も、なんども見ていたい、飽きない。

1

« 七里ヶ浜 | トップページ | 自然流 »

自然」カテゴリの記事

コメント

jam-une様、お早うございます
あっという間に一月も、今日でお終い、お元気ですか(^_^)
寒い日が続きます、ご自愛下さい。

冬の渚、夏とは違う濃厚な輝きを見せますね、
寄せては返す波の音も、きらめく金砂が描く動画に合わせ
素敵なアートでした。

「朝の海」、一幅の絵ですね。
金の筆で描かれた冬の海はひとときも同じではなく
このひとときを掌中にできたのはラッキーでしたね。
ほんとうに神様からの賜物ですね!!
潮騒の音も金鈴だったのでしょうか?(^.^)

sirabisoさん、おはようございます
時には写真の神様、粋な計らいをしてくれます。
冬の朝暘、寒いだけに陽の恵みが格別に感じます、黄金の光に
包まれる幸せは、やはり至福の時でした。

こんばんは。
始発の電車に乗って行かれた早朝の渚。
金色に輝いて、言葉もいらないほど美しい光景のお写真です!
こんな美しい時にレンズを向けられるのは至福の時ですね(^^)

Sippo☆さん、こんばんは
写真の神様のお誘いに乗りました(笑)
寒さも忘れつい夢中に、、、 さらさらと音をなす金砂、
とても贅沢な光でした。
この日は三文の得としました。

hiro-photoさん、こんばんは
桂浜でも見ることが出来るでしょうか?
高知の海、朝景を拝見したいですね(^o^)

の子さん、こんばんは
一攫千金、撮り放題、(笑)
このシーン、案外引き際が難しい、
どんどん金砂が消えて行くのです。一度やってみて下さい。

ぼんぼんさん、こんばんは
金波、銀波、が織りなす早朝の渚、この色合いを見せてくれるのは
僅か数分のことですね、この日はMAGIC HOURの富士がお目当てだったのですが
写真の神様のお誘いに乗りました(笑)

あまね様、こんばんは
>決して同じ時はひとつとしてありませんね。
おっしゃるとうりで、日々同じ日は二度と有りません、
掛け替えのない日々と知りつつ、無意味に過ごしてしまう悲しさ、
今年は思い立ったが行動と、心に決めた新年でした。
心に響くコメントありがとうございます<(_ _)>

鉄ちゃん、こんばんは
この撮影を終わり、この先由比ヶ浜まで歩くと、サーファーさんがアシカみたいに
沢山波乗りに興じてましたよ、早朝の海辺を歩くのもいいものでした。

わ~、黄金色が美しいですね・・!
さ~っとなびく砂地の滑らかさ・・・♪
波も見事な瞬間を切り取られていますね!
自然が作り出す美の世界
やっぱり最高に美しい(´▽`*)

こんばんは。
朝日を浴びて輝く金の砂・・・、綺麗な景色ですね、寒いのも忘れてしまいそう・・・・。

まさに、金砂!
黄金一色ですね。
なんとも贅沢な!!
素敵な1枚を見せていただきました。

ドラマチックアワー♪
ほんの一瞬だけ撮れる、おおきなご褒美ですネ
タイトルもまた秀逸~(^^)

ホント、いつまでも見ていたい光景です、、 が、すぐにこのショータイムはおしまい
まぁ限定モノだけに魅力が増すのも確かですね!

波が引いた後、す~っと砂に水が沁み込む瞬間まで感じ取れるお写真です
(貧乏性な私は、ついついアサリを探してしまいますが~)

光と自然が一体となって織り成す瞬間に溶け込めたおっちゃん様、
神様からの贈り物ですね。
金色の世界に囲まれて.......
お姿が目に浮かぶようです。
荘厳でダイナミックなお色には、
偉大なエネルギーが漲っていますね。
この一瞬、一瞬が積み重なって一日が過ぎ、また朝が訪れる人生。
繰り返しのようで、決して同じ時はひとつとしてありませんね。
大切にしたいな、と思わせてくれたこの一枚のお写真に感謝です!

おはようございます
寝ぼけ眼の携帯でしたので
サーファーさんが入ってると錯覚しました m(__)m
でも 良い色ですねー

おはようございます
夕日とサーファーさんがかっこいいですv(^o^)
バッテリーグリップ到着さっそくつかいました。やはり安定しますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/38650887

この記事へのトラックバック一覧です: 金砂:

« 七里ヶ浜 | トップページ | 自然流 »