最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 出逢い | トップページ | 勲章 »

辛抱

降りしきる雨の中、ナナちゃんはじっと雨粒を背負い、耐えてました。

この忍耐強さはどこからくるのでしょう、見習いたいものです。

1 画像の粗れ、お許しをISO5000です。

« 出逢い | トップページ | 勲章 »

自然」カテゴリの記事

コメント

masamiさん、お早うございます
>ついでにおばちゃんも^_^;
いえいえ、頑張っておられます!!
「素敵な出逢い」、お爺さんの目線と、太郎の目線が
ご来光に、とってもほのぼのとした"愛"を感じとれます。
優しい眼差しのmasamiさん、お爺さん、太郎、いいお写真ですね(^_^)

「Form」、点と線で素敵に表現、超シンプルに、masamiさんのセンスが拝見できます。

>最近ではソフトでノイズを乗せたりしますから、
そんな裏技があるのですか? おっちゃんには無理むり!!

marumiさん、お早うございます
雨の薄暗い草の中、ナナちゃんを発見、とっても頑張ってるように見えました。
時には奥の手を使うこともあります(^_^;) ナナちゃん、綺麗に撮れなくってゴメンね。

Sippo☆さん、お早うございます
無情の雨、ナナちゃんはじっと雨の上がるのを待ってるのでしょう。
補食もままならず、雨が続けば命取りににも、
なんて考えてしまいますが、きっと驚きの生きる知恵があるのでしょうね。

こんばんは。
お写真を見た瞬間、面白い作風に仕上げられたなと思いました。
最近ではソフトでノイズを乗せたりしますから、
てっきりおっちゃんもそうされたのだと思いました。

背中に乗った雨粒の数だけ、ナナちゃんを応援したくなる気持ちが募ります。

頑張れナナちゃん、そしておっちゃん!ついでにおばちゃんも^_^;

こんばんは~☆
綺麗な緑にテントウムシの赤が映えますね。
せっかくの写真にノイズが出て残念ですけどナナちゃんの頑張りが良く伝わってきます。

こんばんは!
雨中のナナちゃん、滴をいっぱい纏って・・
本当、雨の日の虫たち、どれほどの忍耐力をもって過ごしているのでしょう・・
何もかも恵まれた私達には、想像もつかない試練なのかもしれませんね。
ISOなど気になりません、
彼らの気持ちに思いを重ねています。

の子さん、こんばんは
もうすっかり虫嫌いがどこかに行きましたね(^o^)
本当はまだ? 一度しっかりご対面下さい。
今日は快晴、少し虫さんにも会いました。

hiro-photoさん、こんばんは
ちょっとの思いつきで試し撮り。
ナナホシテントウ、雨の中頑張ってましたよ。
おっちやんに「頑張れよ」って発破を掛けられたようでした。

chihiroさん、こんばんは
ナナちゃんの苦労を思えばほんと、人間なんかチョロいものですね、
雨の日も、風の日も、、、宮沢賢治を思い出します。

ぼんぼんさん、こんばんは
悪戯っ気が起きてしまいました。
ss 1/800 F3.5 のデータです。雨、薄暗い中の天道虫を
手持ちで止めるには? 答えはISO5000でした。
ナナちゃんの頑張りが見えました!!

てんとう虫さん、かわいい!
今年は虫さんとの出会いが少ないです。
雨の中、おっちゃんさんも頑張ったんですね。
ISO5000、私の未踏の地です。

こんばんは。
ISO5000は凄い解像度ですね。
画質が荒れるのは仕方ないとしても、これまで撮れれば上等ですね、大した物です。
私のカメラはISO400でも、目も当てられないほどに荒れてしまいます。

こんばんは~
なんか、荒れてるなって思ったら、ISO5000ですか?
凄いですね~
傘をさす習慣があるのは人間くらいですからね。
虫たちから見たら、人間は何やってんだろ?って思われてるかもね(笑)

あ、、あいえすおー5000ですって~(驚)
それでここまで写るんですか
すごい時代になったものです♪
(私のk20dはいくつまであるんダロ?)

敢えてノイズと言うのも味があると思います!

それにしても、この小さい身体にこの水滴、、
相当な重さでしょうね~
人間だったら立つことすら出来なそうです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/34798143

この記事へのトラックバック一覧です: 辛抱:

« 出逢い | トップページ | 勲章 »