最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 姫柿の思い出 | トップページ | 別れ »

里山の子狐

何だろう? よく見ると親にはぐれた子狐、お母さんが心配してる。

真っ白い、綺麗な毛皮のお母さん、「ここよっ!」って遠くで呼んでたよ!!

1

« 姫柿の思い出 | トップページ | 別れ »

自然」カテゴリの記事

コメント

sirabisoさん、おはようございます
少しはお気持ち、落ち着かれましたのでしょうか?
お山も、里山も、自然はいつも飾り無く接してくれますね、
その無垢なところに心が洗われ、虜になってしまいます。
どうぞお元気で新年をお迎え下さい。

marchさん、おはようございます
里山は、いろんな物語りが浮かびます。
お忙しい一年でしたね!! おっちゃんも忙しく写真作りに追われました。
とても幸せなことです。来年も仲良くして下さい、お願いします(^o^)

はるさん、続いてのコメントありがとうございます。
何かの木の、新芽のコートです。ドアップで近づきました。
どこか狐の顔に見えてしまったのです。
里山は楽しい、写真の腕が上がればもっと楽しくなるのですが。。。(^_^;)

こんばんは。
素敵なお話しですね~!
お写真からも、その優しさが伝わってきました(^^)

この優しい柔らかい視点…たまりませんです!

今年はおっちゃんと出会えたことが
写真ライフの大きなトピックスです!
偶然の出会いでしたが、
こんなに優しくて細やかで真剣に考えてくださる方は
めったにいません。
私はおっちゃんと素敵な奥様の大ファンで~す!
本当にありがとうございました。
来年もよろしくお付き合いくださいませ!

おっちゃん最高!
写真も良いしそれをひとつのストーリーに仕上げてお見事です。
砂糖菓子という発想もナイスです。

peko^^*ちゃんさん、こんばんは
これは何の木か知らないのですが、新芽のコートなんです、
つやつやしてるでしょう(^o^)
いつも元気の良いお写真とコメントありがとうございます。
沢山の元気を頂いてますよ、どうぞお元気に新年をお迎え下さい。

Sippo☆さん、こんばんは
タイトル負けした写真ですみません(^_^;)
去年まではこんなもの、目にも止まりませんでした。
シャッターを切れたことに喜んでます。
来年はもっともっと粘って、角々に目を配れるよう落ち着いて、
写真したいと思ってます。勉強させてください。
今年は沢山暖かいコメント頂きました、来年も宜しくご指導下さい。
どうぞ良いお年をお迎え下さいますように。

hiro-photoさん、こんばんは
毛つやの良い白狐の子供でした(^o^)
去年までこんなもの、目にも止まりませんでした。
かなりのネタ切れに陥りそうです(^_^;)
何の木か知らないのですが、新芽のコートがぽろぽろと、
春を待たずに、もう春の気配が来てるのでしょうか?

chihiroさん、こんばんは
コメントありがとうございます。
いつもの里山を行ったり来たりで一年が過ぎました。
いよいよ今年もお終いです。熱中青年chihiroさんにはとても刺激を受けております。
ありがとうございます。どうぞ良いお年をお迎え下さい。

の子さん、こんばんは
何の木でしょう?冬支度の新芽のコートです。
いくつかぽろぽろ落ちてました。
この子狐の名付け親になろうかな~~(^o^)
タイトル、いつも悩んでます、難しいですね!!
今年もお終い、長らくおつき合いありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。

いつも^^詩的なお写真と
それを端的に表現する素敵な
キャッチコピーに感心させられます(^_-)-☆
良いお年をお迎えくださいませm(__)m

こんばんは!
ふさふさの子狐さんですね!
お母さんはちゃんと後ろから見守ってくれて♪
里山には素敵なドラマがいっぱいですね!

こんばんは。
本当に・・・、子供のキツネが山道で道に迷ったのでしょうか、お母さんに早く逢えますように・・・・・。

大阪のおっちゃんさん、こんばんは。
なるほど、子狐ですか?
たしかに狐顔に見えます。
そういった、発想がタイトルには必要ですよね~

里山の子狐、
いいタイトルですね。
おっちゃんさん、タイトルも凄く腕をあげられましたね。
いつも感心させられています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/32778989

この記事へのトラックバック一覧です: 里山の子狐:

« 姫柿の思い出 | トップページ | 別れ »