最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 仲良く | トップページ | 老 練 »

それぞれに生きる

悠々と。何事もなく。傷ついて。生きる様それぞれ。

人も虫も、生涯終わって見ないと解らない。

良いように、良いように、と人は考えるがそうはいかないのが

世の常、蝶さんに我が身を映して見た。

11_2 1_3 

« 仲良く | トップページ | 老 練 »

自然」カテゴリの記事

コメント

はるさん、こんばんは
ご返事前後してごめんなさい<(_ _)>
徘徊と認知に追っかけられてるおっちゃん、必死の蝶さんに元気をもらいました(^o^)
TB光栄です!!仲良くしてください。

jam-une様、こんにちは
>まだまだ現役の蝶さんですね(^_^)
そうなんです、おっちゃんのことでしょう? あちこち
飛び回ってますよ(^o^)

Akoさん、こんにちは
写真を離れてのお散歩、これまた撮る時の栄養になりますね。
持ってると、どうしても疲れます。散策になりません。
蝶さん、頑張ってるように見えますが、天命に従って、
天にお任せで生きてるように見えますよ。

傷めた翅を休ませているのでしょうか?
それとも、余力を蓄えいまひとたびの
飛翔の時をうかがっているのでしょうか?
いずれにしても、まだまだ現役の蝶さんですね(^_^)

蝶はどんなに傷ついても命を全うするのですね。
命を考えさせられます。

トラックバック入れさせてもらおうかな。

必死に生きてる蝶々さんを見習わなくてわ。
24時間眠いこの頃です。
夕焼けがススキにあたって綺麗でしたが、カメラ持たずの散歩でした。残念。

sirabisoさん、こんにちは

蝶さんの舞う世界は、人から見れば正に楽園。
我に返れば、それだけ荒んだ世界に我々が、生きあえいでるのでしょう。
天命に忠実に生きる虫達、やはり命をかけてるから美しいのだと思います。
煩悩の入り込む隙なく懸命に生きたいものです。

Sippo☆さん、こんにちは
>彼らより私達人間の方がずっと弱いです
>唯一「食われる」危険が無い人間

そうですね、虫さん達は、ひとときも油断しません。
生き残り、種を絶やさないために、天命をひたすらに守ります。
人はいつから自然界を無視し傲慢になったのでしょうか、
天はそんな命を下すはずがありません。
我に返って虫さんや蝶達に遊んでもらいましょう(^o^)

こんばんは。
アザミの花にとまった蝶の重さでなびいた姿が面白いですね!
人よりもずっと短い命を迷いもなくまっとうように見える蝶の姿は、やはり楽園に住む存在のように思えます。
楽園から追われた私たちはやはり煩悩の数だけ悩み事があるのでしょうか?

こんばんは!
秋空の下、悠々たるチョウチョさんの姿♪
とても元気を貰えますね!
彼らより私達人間の方がずっと弱いですよね。
この地球上で、唯一「食われる」危険が無い人間が
小さなことでへこたれてはいけませんよね。
そんな勇気を貰えるようなお写真です♪

hiro-photoさん、こんばんは
ご訪問頂きありがとうございます。
今年の二月に初めて一線を離れました。
根っからの貧乏性、しばらくは全く落ち着きません、
昨今やっと老境とやらに足を踏み入れた思いです。
下手な写真に時間が取れる幸せを味わってます(^o^)

こんばんは。
人生終わってみないと良かったのか悪かったのか判らないにしても、今はただ精一杯に今が一番幸せと思って生きるのみ・・・・。
あまり考えても仕方のない事ですね・・・・。

mizuki-39さん、こんばんは
台風が過ぎ去った午後、いつもの里山にでかけました。
余波の風が強い中、アザミのお花にしがみつく蝶さん、
元気なコも、ボロボロのコも夢中で貪ってました。
きっとここにたどり着くことが出来なかったコもいたのでは、と思ってしまいます。

chihiro さん、こんばんは
只、がむしゃらに、がむしゃらに生きてきました。
今、写真を楽しめる自分にご褒美です。

の子さん、こんばんは
>奥が深いですねぇ~。
の子さんがおっしゃるとそう思ってしましそう(^^;)
秋なんでしょうかね。。。

青空に羽を広げた蝶が美しいですね。
紫色のアザミも鮮やかです。

下のお写真は、蝶が3頭+トンボ!!もうビックリです。
蝶やトンボがいっぱいいる素敵な場所を見つけたのですね。

大阪のおっちゃんさん、こんばんは。
何事も一生懸命にやるだけですね。
成功したって、失敗したって、それが結果ですから。

こんにちは!

奥が深いですねぇ~。
確かに人の一生もそれぞれ!今を楽しみたいですね。
蝶々さんもそれぞれに必死で生きているんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450469/31749191

この記事へのトラックバック一覧です: それぞれに生きる:

» 命・・その先にあるもの [遊々素適]
傷ついた羽・・・ [続きを読む]

« 仲良く | トップページ | 老 練 »