最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

無花果

いちじくの花は? この実?を割ると粒つぶが見えます。

これが花なんだって。。。 そう言えば熟すと、中に小さな美味しい種が

いっぱい!! 不思議なお花ですね~~

1

秋に向かって

紅葉の子供、もうこんなに大きくなりました。これから暑い真夏を

乗り越え、たっぷりと栄養を蓄え、冬の初めには独り立ちするのです。

1

里山の絵師

久しぶりに朝の光を頂きました。里山の絵師もカンバスを広げ

モデルのおいでを待ってます、どんな娘(こ)がきてくれるかな~~

1

ドレスアップ !!

朝からの雨もお昼過ぎには上がりました。よかった!

今夜はお出かけなんです(^o^)

1

愛 嬌

この蜘蛛さん、UPするのをためらってました。でもこの、なんとも愛嬌のある

お顔を見てるとつい、お見せしたくなってしまったのです。

1

赤いボス

あじさい畑の赤い集団、ボスはこの女(ひと)でした。

情熱的な赤い唇、真夏の近いことを思わせてくれました。

1

いざなう

誘われるままに夢の世界へ、お不動様に見守られた紫陽花達、

それぞれに、その美しい容姿を見せて頂きました。

都下、高幡不動尊境内にて。

1

初夏の風

外ではお雷様(おでさま)がバリバリと雷鳴を轟かせてます。

やがて来る真夏の前奏でしょう。昼間の紫陽花を渡る風は

もう初夏の訪れを肌に触れて教えてくれました。

1

紫陽花保育園

ここは紫陽花保育園の園庭、賑やかな声が聞こえます。

年長さん、年少さん、みんな仲良く元気よく!!  ハ~~ィ。

1_2

ひっそりと咲く

里山にも紫陽花の季節が巡ってます。だれに見せるでもなく

健気に、ひっそりと咲く姿は和風な美人を感じます。

1_2 

ドクダミの芳香

あの強烈な香り? 良薬とはいえ、なかなか口にも鼻にも耐え難い!!

おっちゃんは耐え難きを耐え1、誘惑に負け、接近を試みてしまった。

鎌首

蝮草、名前からして怖そう!!おっちゃんはコブラの鎌首にみえるのです。

名前はこの縞模様がどく蝮の縞模様に似てるところからだそうで、

なんだか怖ごわシャッターを切りました。でも朝日を浴びて美しく感じましたよ。

1

ゆすら梅

おっちゃんの小さい頃、季節のおやつでした。グミやゆすら、

熟れ頃を見計らってポイッと口に運んだものです。

今の子供さん達、本物をご存じでしょうか?

1

芍薬サンバ

後出しでごめんなさい! はっきりしないお天気に反発、

サンバのリズムが聞こえないかな~~

1

里山の自然

今日は久しぶりの快晴でした。私の歩く里山は自然そのもの!

人の手は入らず、吹く風は草木の香りを運び、時には生きた宝石を発見することも

あるのです。

1 1_2 1_3

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »